産前産後や子育て中に適したヘアスタイルとは!?

 自分のことは後回しになったり、美容院にいける頻度が下がったりしがちな産前産後や育児中は、ヘアスタイルに悩む方も多いのではないでしょうか。次のような髪型ごとの特徴を捉えると、選びやすくなるかもしれませんよ。

■ボリュームアップやヘアケアの時短を目指せる「ショートヘア」

 産後のボリュームダウンが気になる場合や、髪を乾かす時間を短くしたい場合に適しているのがショートヘア。紐が大好きで見つけると引っ張りたくなる時期の赤ちゃんに、髪を引っ張られる心配も少なくなります。サイドやバックがふんわり丸くなるスタイルを選ぶと、ボリュームアップしやすいですよ。髪質によってはショートの方がお手入れしにくいという場合もありますが、縮毛矯正やパーマなどを取り入れるとより扱いやすくなります。

■髪質にかかわらずお手入れしやすい「ミディアムヘア」

 寝癖を直したりヘアアレンジをしたりするよりも、パパッと結んでしまえた方がラク!という場合にオススメなのがミディアムヘア。結ぶことができる長さで、できるだけ短めを狙うと髪を乾かす時間も短縮しやすくなります。結ばずに下ろすスタイルにも、結んでスッキリみせるスタイルにも、どちらにも対応できるのがうれしいポイントです。

■「ロングヘア」が育児に不向きとは限らない!

 ロングヘアのお手入れは時間がかかって大変!と思われがちですが、長年ロングヘアで過ごしてきた方にとっては、ケアだっていつも通りのこと。短時間で髪をまとめることができる場合は、ロングヘアでもお手入れや準備に困らないケースもあります。特別な日や子どもとのお出かけ時など、ヘアアレンジを楽しむことができた方がリフレッシュにつながる場合は、ロングヘアを維持して楽しむのも一つの方法です。

 育児中といえども、髪質やライフスタイルによって適する髪型は変わります。ご自身のこだわりや希望に合ったヘアスタイルを考えてはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング