SMAP中居正広のハングリー精神を生んだ赤貧少年期の秘話とは!?

20161130nakai

 今でこそ日本を代表するスーパースターのSMAP中居正広だが、幼少期は決して裕福ではなかったという。中居をよく知るアイドル誌ライターはこう語る。

「4畳と3畳半くらいの2間のアパートに家族5人で住んでいたそうです。当然お風呂はなし。風呂に入れるのは週2回で、夏は学校の授業でプールがあると、日曜日だけに。お父さんは仕事から帰ると『仕事の現場にはプールはないんだから、風呂に入らせろ』と嘆き、水のシャワーを浴びたそうです。冬はブルブル震えながら浴びていたと中居が明かしています」

 赤貧エピソードはこれだけではない。吉野家の牛丼ですら高すぎて食べたことがなく、たまに行くのが大手ハンバーガーチェーン。ドリンクのMサイズを頼むと、親から体をつねられたとか。バームクーヘンは友だちの家でしか食べられず、一般家庭でカルピスを飲んだとき、あまりの濃厚さに衝撃を受けたと告白している。

「洋服も教科書もほぼ全てがお下がり。2人の兄から引き継がれた教科書は、年々改訂されてページ数が異なっているため、先生が『○×ページを開きなさい』と言っても、中居だけは違うので、毎年恥をかいていたそうです」(前出・アイドル誌ライター)

 食事はおかずが少なかったため、中居は兄とおいしい白米の食べ方を考えたというから泣かせる。試行錯誤の末にたどり着いた答えは、白いごはんにバター、しょう油を混ぜるバターライス。時には、チューブのわさびに酢をかけた、わさびごはんのときもあったそうだ。何もないときは水をかけただけの、水かけごはんを口にすることも珍しくなかったという。

 今ではウン億円プレイヤーになった中居。時おり垣間見えるハングリー精神は、間違いなく幼いころに育まれたものだろう。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング