「剛力彩芽のZOZO面接官報道」が“信憑性”を持ってしまった背景

 ファッション通販大手「ZOZO」の広報担当者が、女優の剛力彩芽を同社の面接官に起用しているという一部週刊誌の報道を「事実無根の内容」と否定している。

 2月21日発売号の「週刊新潮」は、ZOZOの社長である前澤友作氏と交際中の剛力が、同社の採用面接にて面接官を務めていたと、“ZOZOの採用試験を受けた志願者”による証言として報じていた。

 この“トンデモスクープ”がネット上を駆け巡ると、当然ながら前澤氏と剛力の公私混同を咎める指摘やリアクションが続出。しかし、ハフポスト日本版によると、ZOZO広報は同メディアの取材に対して「社外の人間が面接官を務めるということはありません」との至極真っ当な回答で応じたという。

「『週刊新潮』による今回の“剛力面接官”スクープにどれほどの信憑性があるのかは分かりませんが、本来であれば、現在のZOZO離れが加速し、長年のパートナーブランドが次々にZOZOからの撤退を発表している最中で、剛力を面接官に起用すれば凄まじい反発が巻き起こることは容易に想像がつきます。あれだけツイッターのヘビーユーザーだった前澤氏ですら、現在は本業に専念すべくSNSは休業中であり、そうした状況の中でも今回の突拍子もない報道が話題となってしまうのは日頃のイメージや行いが原因なのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 剛力の面接官報道に対するZOZO広報からの正式な否定のコメントが報じられると、ネット上からは「そりゃそうだと普通なら思うが、ZOZO前澤さんならやりかねないと思う人がいるから仕方ない」「あの社長ならあり得ると思っちゃう。それだけ前に出過ぎてるんだ前澤さん」との反応があり、中には「面接官として居たわけじゃないってだけで、面接の場には居たんじゃないの?会社のイベントだかにも行ってるらしいし」という指摘も。

 1億円のお年玉ばらまきキャンペーンや、月への周回旅行の帯同計画など、日頃のアバンギャルドな活動が今回のスクープに一定の信憑性をもたらしてしまったのかもしれない?

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング