日テレがベッキーの後釜探しに動いた!有力候補は菊地亜美と藤田ニコル?

20160223fujita

 2月24日に放送される「ナカイの窓」(日本テレビ系)にて、「バラエティーの1席を奪い合う女たち」と題し、6人の女性タレントが出演する。その顔ぶれは菊地亜美、小池美由、鈴木奈々、千秋、藤田ニコル、まえだゆう。中でも菊地、鈴木、藤田の3人が“鼻フック対決”に挑戦する様子は次回予告でも映し出されていた。この回についてテレビ誌のライターが語る。

「ついにテレビ局がベッキーの後釜探しに動き出したようですね。ベッキーが出演していた10本のレギュラー番組のうち、日本テレビは3本すべてがゴールデンタイムの人気番組で、最も痛手を負った局なんです。しかも視聴率では民放局トップなので、女性タレント側からも熱い視線を浴びていることでしょう」

 その日テレではすでに「世界の果てまでイッテQ!」にて、ベッキーが座っていた席に鈴木奈々が収まっている。そのため鈴木の出演は当て馬の役目と考えられるかもしれない。また現役アイドルの小池美由と前田ゆうも後釜候補とは言えなそうで、千秋はお目付け役なのが明らか。そうなると本命は菊地亜美と藤田ニコルの一騎打ちなのか。テレビ誌のライターが続ける。

「菊地の強みは類まれなバラエティ対応力の高さ。フジテレビが育成したアイドリング!!!出身ゆえ、そのイメージを払拭する狙いもあるでしょう。ただし品のなさが欠点で、ベッキーの透明感とは真逆の存在でもあります。一方で藤田は『行列のできる法律相談所』にもしばしば出演するなど日テレとは親和性が高く、ハーフという面でもベッキーの代役向き。ただし典型的なおバカキャラが、知性派だったベッキーの後任としては足かせかもしれません」

 いずれにしても“帯に短しタスキに長し”といったところか。ただ、ハーフであることをウリにせず、MC役に徹したという意味で、ベッキーは女性タレントの新局面を開拓した先駆者でもある。それゆえ後釜に求められるのは彼女のフォロワーになることではなく、新しいタレント像を見せられることかもしれない。その意味ではまったくの新人が抜てきされる可能性もありそうだ。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング