50代の“オトナ婚活”で、やってはいけない3つのNG行動

 今や結婚相談所に登録するのは、30代に次いで50代の男女が多いそうです。欧米諸国では50代からの恋愛も当たり前のこととして定着していますから、日本もグローバルな感覚に近付いているのかもしれませんね。

 それでも、婚活をネガティブに捉えている女性はまだまだ多いようです。彼女らは若い頃と違って、いい意味でも悪い意味でも「自分」ができている世代。そこは少し柔軟になって、婚活中の自分を前向きに捉えていきたいものです。そこで、50代の“オトナ婚活”のために、やってはいけない3つのことを紹介していきましょう。ぜひ、次の機会の参考にしてみてくださいね。

■過度な若作り

 基本的に若々しい女性は男性に好まれます。でもこれは、「考え方」や「明るい笑顔」という意味。決して、「短いスカート」や「高いハイヒール」が好まれるのではありません。また、メイクも同様。まつげエクステなど、段々と本数が増えているなと感じたら、一回ストップしてみましょう。自分を俯瞰することが重要ですよ。

■苦労話をする

 離婚、子育て、親の介護、さらには仕事のこと。オトナ婚活では、いろいろな事情を持つ女性が多いのは当たり前。でも、それは男性も同じです。苦労話は、話す人はストレス解消になりますが、聞く人にはさほど魅力的には感じません。過去の話や現在の事情は、聞かれたら軽くさらっと返すくらいがよいですね。実際にきちんと話すときがきたら、明るく、可愛く、健気に話しましょう。

■自分のことばかり話す

 年齢が上がると、自分のことばかり話すようになりがちです。思い当たる節のある人は要注意。デートでは、なるべく男性にしゃべらすようにしましょう。そのためには、さりげない質問力が重要です。質問こそが、「あなたに興味を持っていますよ」というサインになります。自分のことは最小限にして、男性の答えに「分かる、分かる!」とか、「そうですよね」とか、肯定する相槌を打ちましょう。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング