コロナ2年目でマスク肌荒れがより深刻に!?

 2年目となったコロナ禍で、第一三共ヘルスケアは今年5月、昨年6月に引き続いて全国の20~40代男女300人を対象とした『コロナ禍でのマスク着用と肌に関する調査』を実施しました。

 その中で、「昨年の今頃と比較して肌トラブルが増えた気がする」と回答した人は50%、昨年の1.6倍の人が肌トラブルを感じていることが判明したとか。また、「肌が敏感になった気がする」と回答した人も45%と、昨年の約1.4倍となったそうです。

 マスクによる肌荒れなどは、より深刻になっているようですね。具体的にマスク着用による肌の悩みについて聞いたところ、圧倒的に「マスク下に感じる蒸れ」と回答した人が多く、85.7%でした。

 これについて、ファミリークリニック院長の竹中美恵子さんは、「マスク蒸れが混合肌の悩みを深刻化させている可能性がある」と指摘しています。

 汗をかくと毛穴が詰まって、ニキビや吹き出物、あせも、マスクとの接触による皮膚炎が起こりやすくなるのだとか。とはいえ、「蒸れている=水分が足りている」わけではなく、汗が大量に分泌されると皮脂膜やNMF天然保湿因子が汗と一緒に流され、水分が保てず肌内部では乾燥が進み、いわゆるインナードライ肌に偏ることがあるそうです。

 対策は、例年以上に保湿ケアを入念にするとともに、マスクの摩擦や汗の刺激でダメージを受けた肌をいたわり、“守るケア”を心掛けるとのこと。ぜひ実践したいものですね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング