ズボラでもお金が貯まる!?“家計簿なし管理”のコツ

 家計を把握して計画通りに管理……と思って家計簿をつけ始めたものの、結果を書くだけになってしまって一向に目標通りに管理ができない!ということはありませんか? 家計簿で家計を管理するのが苦手なら、次のような方法で“家計簿なし管理”をしてはいかがでしょうか。

■先取り貯金で予算を制限する

 いくら記録をしていても、予算以上にお金を使ってしまっては貯蓄分を確保することはできません。収入から最初に貯金額を分けておき、残りのお金だけで生活すれば、家計簿をつけようがつけまいが先取り貯金分を蓄積していくことができます。「余ったら、貯金」という考えでは気持ちが緩んでしまう人ほど、貯蓄分をあらかじめ取り分けておきましょう。

■支出項目ごとに使用枠を決める

 使えるお金の全体像が把握できても、具体的にどのような場面でどのくらいお金を使ってよいのかをイメージできないと、あらゆる項目で赤字を出しかねません。先取り貯金をして使用できる金額が確定したら、食費や日用品、娯楽費など、項目ごとに予算を振り分け、お財布や封筒などで分けて管理するのがよいでしょう。項目ごとの小さな単位で管理することで、「今月の食費は、後いくらまで使える」などのように、具体的にお金を管理しやすくなります。

■生活費は現金で管理する

 せっかく予算を確定させても、それ以上に使ってしまっては貯蓄分を取り置くことができません。クレジットカードでは使い過ぎてしまって管理しにくい場合は、現金でお金を管理しましょう。クレジットカードを使用するとポイントがついたりお得に買い物ができたりしますが、それ以上に使い過ぎてしまっては元も子もありません。確実に家計を管理できる、ご自身にあった方法を選びましょう。

 家計簿は家計を見える化して管理しやすくしてくれるアイテムですが、書いたからといって確実に管理できるとは限りません。自身で立てた予定通り(または範囲内で)にお金を使用することが重要ですから、確実に管理ができ、続けやすい方法を選んで取り組んでくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング