林遣都・仲野太賀W主演「初恋の悪魔」が低視聴率の“骨太”なワケとは

 スタート前はあれだけ期待値が高かったのに、初回視聴率6.6%、第2話3.9%、第3話3.8%と恐ろしいほど低空飛行している「初恋の悪魔」(日本テレビ系)。

 このドラマの脚本を担当している坂本裕二氏の作品といえば、2021年4月期放送の「大豆田とわ子と三人の元夫」(フジテレビ系)や2017年1月期放送の「カルテット」(TBS系)が記憶に新しいが、どちらの作品も万人ウケするわけではなく、ハマる人にはめちゃくちゃハマるという仕上がりだった。そのため視聴率は「大豆田~」が平均視聴率6.1%、「カルテット」が8.9%とどちらも2ケタに届かなかった。

「それだけに、今作も視聴率が低いことは予測できたと言えます。しかも今作は土曜の夜10時枠。もともとテレビ視聴者数自体が平日に比べて少ないですからね。坂元脚本の醍醐味は、会話劇としての妙と役者たちの細かい演技の応酬で、“ながら見”と呼ばれる、スマホを片手に持って実況しながら視聴することは難しく、それと同じくTVerなどの見逃し配信も倍速再生してしまったら、せっかくの会話劇や細かい演技の応酬を視聴することはできません。つまり、視聴者に“見る覚悟”を迫る作品なので、それを窮屈に感じる視聴者が多いのも当然でしょう。

 また、仲野太賀とW主演している林遣都が、今作では絶妙にダサい凶悪犯罪愛好家の推理マニアで、ときどき阿部寛がコミカルな演技をしているように見えてしまうことも、ミーハーな視聴者を味方にできず、視聴率が伸び悩む結果を招いているのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 7月30日放送の第3話では、鏑木星砂(松岡茉優)には別人格があること、馬淵悠日(仲野)の殉職した兄・朝陽(毎熊克哉)のスマホを星砂が所持していること、鈴之介(林)の家に監視カメラが取り付けられていたことなどが描かれ、ミステリー度が格段にアップ。今後の展開から目が離せない。

Asa-Jo チョイス

  1. 147777

    婚活だけじゃない! 独身女性なら絶対に行ってほしい“ツヴァイ(ZWEI)の『マッチング無料体験』”良かった3つのこと

    会員数は業界最大級の約9.7万人(※)、そして全国に50店舗もある結婚相談所の「ツヴァイ(ZWEI)」。人生で初めて結婚相談所に行き『マッチング無料体験』をしてみた結果、本当に行ってよかった! 体験して良かった! と思っ … 続きを読む 婚活だけじゃない! 独身女性なら絶対に行ってほしい“ツヴァイ(ZWEI)の『マッチング無料体験』”良かった3つのこと

  2. 138802

    スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

    この2~3年、恋愛関係で新たな出会いってありましたか?合コンはおろか普通の飲み会さえないし、趣味や旅先の出会いも皆無。仕事でも取引先とはオンライン、同僚ともたまにしか会わない。こんな状況で彼氏を探すなんてほぼ無理! じゃ … 続きを読む スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング