【あまちゃん】アキが鈴鹿ひろ美の質問に動揺して口にした「母ちゃん」の三段活用とは!

 こんな表現方法もあるのか。視聴者も思わず感心していたようだ。

 7月25日に再放送されたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」第98回で、ヒロインのアキ(能年玲奈)が大きく動揺している姿が映し出された。それは付き人をしている女優の鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)から、母親について訊ねられた場面だ。

 ひろ美はアキに「天野さんのお母さんってどんな人?」と質問。19歳の若者を付き人にしているベテラン女優にとっては、ごく一般的な疑問だろう。

 しかしアキはその質問に動揺。若かりしころの母親・春子(有村架純)は、ひろ美の影武者としてデビューシングル「潮騒のメモリー」などをレコーディングしていたからだ。

 そんなことはつゆ知らず、「肝っ玉? それとも病弱?」と畳みかけるひろ美。ここでアキが絞り出した答えに、彼女の同様ぶりが大きく示されていたという。

 アキはまず「歌がうめえお母さんです」と説明。続けて「歌がうめくて、かっけえ母ちゃんです」と明かしていた。ここでひろ美が「海女さんじゃないのね?」と訊ねると、アキは「海女は祖母です。母は海女になるのがイヤで東京さ出て」と説明していた。

「多くの視聴者は、アキがここで『か、歌手を目指していた時期もあります』と明かしたことに注目していたことでしょう。一方でアキが口にしたセリフには、絶妙な技が隠されていました。それはアキが母親について『お母さん』『母ちゃん』『母』と3種類の呼び方をしていたことです」(芸能記者)

 ひろ美に気に入られているアキは、付き人にもかかわらずタメ口で話すことも多い。普段の会話ならいつも通り「母ちゃん」と呼んでいたはずだ。

 それに対して今回の会話では最初に「お母さん」と呼んでいた。もっともここは、ひろ美が「お母さんってどんな人?」と訊ねたことに対する反応だったのかもしれない。

「ところが3度目には『母』というかしこまった表現に。その直前に『海女は祖母です』と説明したのを受けての発言と思われますが、普段のアキなら『海女は夏ばっぱだあ』と答えていたはずです。タメ口でしゃべる人が急に敬語になるのは、本心を隠しているケースが多いもの。この場面でアキは、言いたくても言えない秘密を隠していることを、自らのセリフで示していたのでしょう」(前出・芸能記者)

 朝ドラ史に残る傑作との呼び声も高い「あまちゃん」では、脚本を担当した宮藤官九郎の手腕も高く評価されている。本作では田舎の北三陸と都会の東京を対比し、親子三代にわたる確執と和解を織り交ぜるなか、セリフの妙も高評価のポイントだ。

 今回のアキとひろ美のやり取りでも、一連の会話のなかにタメ口と敬語が入り乱れており、アキの混乱ぶりを言葉遣いで表していた。めったに敬語を使わないアキが敬語を使うときには、裏側に何かが隠されている。視聴者もそんな法則を楽しんでいるに違いないだろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 185644

    爽やかイケメンライバーに癒されたい!「ふわっち」で人気のRyon×2さんが保護猫と一緒にライブ配信する理由とは?

    ここ数年、若年層を中心に「ライブ配信」が新たなエンタメとして広がりを見せています。最近では、そんなティーンが楽しむものだけではなく、オトナ女子が目の保養とできるような“人気イケメンライバー”が続々登場しているんだとか。そ … 続きを読む 爽やかイケメンライバーに癒されたい!「ふわっち」で人気のRyon×2さんが保護猫と一緒にライブ配信する理由とは?

  2. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  3. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

注目キーワード

ランキング