もはや長州小力!?佐藤仁美の酒太りが止まらない

20170506_asajo_satou

「めちゃ×2イケてるッ!スペシャル」(フジテレビ系)で、長州小力に間違えられるドッキリを仕掛けられた女優の佐藤仁美。“大酒飲みのおばちゃん”キャラがすっかり定着しているが、私生活でもそのままだという。

「新宿二丁目で昼まで飲み続け、そのままランチに突入なんてことはざら。『しくじり先生』(テレビ朝日系)では、バーベキューで“野ション”してパンツを忘れたエピソードまで披露していました。もはや女芸人よりも面白いかもしれませんね」(番組関係者)

 そんな佐藤だが、元を正せば正統派アイドルである。95年に「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得して芸能界デビュー。佐藤の一年後輩のグランプリには、深田恭子が選ばれている。そんな佐藤がなぜ、こうも変わってしまったのか。

「デビュー直後は、ドラマ『イグアナの娘』(テレビ朝日系)でヒロインの親友役を務めて知名度を上げ、97年には映画『バウンス ko GALS』に主演して、映画界の新人賞を総ナメにしました。ところが20代後半に天狗になってしまい仕事が激減。どん底時代を経験した後、演技派女優に転身して2011年の『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で再ブレイクしました。現在はNHKの朝ドラ「ひよっこ」をはじめ5作に出演していますが、どん底を経験しているだけに、役作りにはかなりこだわるようです」(テレビ誌記者)

 そんな役作りの役に立ったのが、新宿二丁目のゲイの世界だという。しかし、その世界にどっぷり浸かってしまったおかげで、近頃激太りによる劣化がささかれている。

「演技の肥やしに二丁目に通うのはいいですが、酒で体を肥やしてはいけませんね。熱愛報道のあったムロツヨシともあれからすっかり音沙汰がありませんし。37歳とアラフォー手前なのだから、劣化するにはまだ早すぎます」(前出・テレビ誌記者)

 キャラのためとはいえ、女優として「長州小力似」は、やっぱりまずい。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング