羽生結弦がフィギュア以外に挑戦したかった五輪種目があった!

20170509_asajo_hanyuu

 4月28日、平昌五輪の代表候補たち182人が味の素ナショナルトレーニングセンターに集まり、日本選手団の合同研修が行われた。

「異競技の選手たちがレクリエーション的な活動を通して『チーム・ジャパン』の自覚と責任感を高め、競技間の連帯感、選手間の懇親を強めることを目的として行われました。体を動かす競技的なものもあったのですが、羽生結弦選手はついつい勝敗に熱くなるのでしょう。真面目な顔をした写真がたくさん見られました」(スポーツライター)

 インタビューで、自分の競技以外ではどの競技に挑戦してみたいかと聞かれた羽生選手は‥‥。

「『アーチェリーか弓道』と答えていましたね。ひとつの的を目指して集中するのはとても勉強になると思うし、名前にも弓が入っているから、なのだとか。仮の話でも自分の競技に役立つことをまず考えるところが、羽生選手らしいですね」(前出・スポーツライター)

 いつもの試合で見せるあの集中力があれば、弓道もめきめきと上達しそう。いつの日か、凛々しい袴姿も見せてほしいものだ。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング