2017/12/15 18:14

【ウォーキングのススメ(3)】歩く速度を変化させて、ダイエット&美脚効果を!

 ウォーキングは、手軽にダイエットや美脚効果を目指せる運動ですが、「一定の強度、つまり負荷を与えないと、その効果が薄くなってしまいます」と、フィジカルトレーナーである中野ジェームズ修一さんは説明してくれます。前回の記事では、歩くコースに、階段や坂道を取り入れる方法をアドバイスしてくれました。

 しかし、もっと簡単に負荷を高めて、効果的に歩ける方法もあるそうです。それが「インターバルウォーキング」。やり方はいたって簡単、普通の速度の歩きと、少し早足の歩きを繰り返すだけ。これならば、平坦な道でも強度を高めることができるというのです。

 いつもの速度で歩き始めて、「少し体が温まってきたな」と感じたら、全力で歩く時の60~70%の速さで3分程度歩きます。そして、普通の速度に戻し、また早足を3分、これを繰り返すだけです。早足の感覚的な目安は、「少しキツイな」と感じる程度です。感覚は人によって違いますから、自分のできる範囲で試してみるといいでしょう。時間を測るのが面倒だという人は、「ここからあの電柱までは早足。次の区間はゆっくり歩き」と、何か目印を決めて歩いてもかまいません。

 信州大学大学院医学系研究科の能勢博教授が、20~80代の男性351名、女性561名、平均年齢56歳の人たちに参加してもらった研究では、インターバルウォーキングを始めてから5ヶ月後に測定したところ、太ももの筋力や持久力が大きく向上したそうです。それに加え、生活習慣病指標である体重と体脂肪率にBMI、最高血圧と最低血圧、血中高コレステロール濃度、空腹時血糖値などのすべてが改善したということです。つまり、インターバルウォーキングは、ダイエット効果と同時に、太もも周りの引き締めにも役に立つのです。

 理想は、この歩き方を1日30分、毎日やることですが、別にまとめてやる必要はありません。10分を3回、15分を2回など、分割しても効果はそれほど変わらないのです。また、毎日というのは現実的に難しいと思うので、週に2~3回を10週間以上継続することを目標にすると、ハードルが低くなるはずです。

 これなら通勤や通学、買い物などの途中でもできそうだと思いませんか。ぜひ、試してみてください。

(医療/フィットネスライター・松尾直俊)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング