2017/12/26 07:15

長嶋一茂が気象予報士に「なんか文句あんの?」ありえない難癖

「羽鳥慎一 モーニングショー」(テレビ朝日系)で迷言を繰り返してきた元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂が22日の放送でもやってくれた。

 問題となったのは、番組の後半、気象予報士でタレント・河波貴大の“かわなみ天気ショー”。河波が普通に天気予報を伝えていたとき、突然長嶋が「河波君、なんか今日、目が合いますよね。なんか文句あんの?」と切り出した。河波は「文句ありません。たまたま……ですね」と返答すると、長嶋は「なんか、ずっと目が合っているから、なんか俺に言いたいことあんのかと思った」と続けた。すかさずMCの羽鳥慎一が「お伝えしようという気持ちと、あと警戒感からです。防御態勢です」と河波をフォローすると、長嶋は「猿じゃねえんだから」と笑いながらも少し声を荒らげた。

 視聴者は「いきなり『なんか文句あんの?』なんて、まるでチンピラみたい」「猿より一茂のほうを警戒すべき」「(暴行事件の)日馬富士並みの品格」など嫌悪感を示した。

 実は「なんか文句あんの?」発言の前にも、テレビ朝日の解説委員でコメンテーターの玉川徹氏に皮肉を言う場面があった。あらましはこうだ。大相撲の元横綱・日馬富士の暴行事件を受けて、日本相撲協会は21日、暴力問題再発防止に向けた研修会を開催。番組では過去の研修会の一部をVTRで紹介し、そのなかには力士が守るべきマナーとして「青信号になってから渡りましょう」というものがあった。

「青信号に関して玉川は、交通ルールを守るということより“我々は常に見られている”ということを意識しなさいということだと持論を展開したあと、長嶋に向かって『赤信号でも渡ることがあるんじゃない?』と振りました。長嶋は即否定しましたが、『赤信号でも渡るって、言ってほしかったの?』と、むくれ気味。玉川は冗談のつもりだったと思いますが、長嶋は自分がバカにされたと感じたようですね」(テレビウォッチャー)

 正直な発言が物議を醸す、珍しくも貴重なキャラだ。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

注目キーワード

ランキング