2018/01/16 10:14

「なぜ人気ないの!」嵐・二宮和也がジャニー社長を激怒させていた

 主演映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」で、一度食べた料理を完全に再現できる天才料理人を好演した嵐の二宮和也。2015年公開の映画「母と暮せば」で第39回 日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞しているように、その演技力は高く評価されている。ラストレシピで調理シーンを代替なしでやりきったのはさすがと言えるだろう。

 だが、二宮の俳優デビューは散々なものだったという。

「1998年のドラマ『あきまへんで!』(TBS系)で連ドラデビューを果たした二宮ですが、日刊スポーツが主催する『ドラマグランプリ』の新人賞を獲れませんでした。その年、新人賞に選ばれたのは先輩の今井翼。二宮は深田恭子に次ぐ3番手。前の年は上位3人をジャニーズのタレントが独占していたため、よけいに二宮が悪目立ちしてしまったのです」(スポーツ誌記者)

 このとき二宮はジャニー喜多川社長から「新人だから、いいとか悪いとかはもちろんあるかもしれない。けど、それを踏まえた上で、君は固定客(ファン)があるでしょ? あなたには他の活動を見て応援してくれている人がいるのに、なんで1位を獲れないの? なんでジャニーズなのに人気ないんだよ」とこっぴどく怒られたという。

 翌99年に嵐として歌手デビュー。以降、二宮は数々の作品に起用され、役者経験を積んだ。そして06年、クリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」のオーディションを突破して、ジャニーズ初のハリウッド俳優となる。

「2007年には主演ドラマ『拝啓、父上様』(フジテレビ系)で、第10回 日刊スポーツ『ドラマグランプリ』主演男優賞を初受賞。しかも、SMAP時代の木村拓哉の主演ドラマ『華麗なる一族』(TBS系)を押さえての戴冠。辛酸をなめた日から9年越しでリベンジを果たした格好になりました」(前出・スポーツ紙記者)

「拝啓、父上様」は、脚本家の倉本聰氏が二宮を主役にするという条件で書き下ろされたという。今やジャニーズ屈指の演技派俳優となった二宮だが、ここに至るまでには逆境の日々があったのだ。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング