2018/04/14 10:14

子どもの学力は家庭での「会話」で決まる!?

 宿題をやらない我が子に、「面倒なことは先にやってしまいなさい!」などと声をかけていませんか? 子どもは本来、学ぶ意欲をもっているもの。新しい発見をするのが大好きです。「勉強なんて嫌っ!」「宿題は面倒」と子どもが思っているとしたら、そうなったきっかけがあるはずです。

■大人が発するマイナスワードで子どもが勉強嫌いに

 学習の現場で子どもたちに「この問題、とってもおもしろいよ! みんな、先生と競争しない?」と持ちかけると、「絶対、負けないもんね!!!」と闘志を燃やしてくれるのが子どもたちです。おもしろそう、やってみたい!と思えば、没頭して考え抜きます。とはいえ、家庭で勉強や宿題をさせようと思うと、なかなか上手くいかないケースが多いようです。

 お母さんたちからご相談いただき、家庭での様子を聞くと、学習をさせようとする際に、「先に終わらせてしまいなさい」「勉強が子どもの仕事よ。やらないといけないことなんだからしっかりやるの!」などと声をかけていることがわかりました。

「(面倒なことは)先に終わらせる」「やらないといけないこと(義務)」などの声かけは、学習に対してマイナスのイメージを与えてしまいます。こちらが勉強を面倒、嫌なもの、すべきもの、と認識していることが伝わると、子どもも「勉強=嫌なこと」というイメージを持ってしまい、学力を高めるだけの繰り返し学習はしなくなってしまうのです。

■ポジティブな言葉がけでイメージを変えよう

「今日の宿題はどんなの? うわぁ、おもしろそう! 一緒に考えてもいい?」

 こんなふうに声かけを変えてみたらいかがでしょうか。「宿題」「勉強」「問題」などという言葉を使わずに、「クイズ」と言うのもオススメです。

「勉強は楽しいもの」「考えることを楽しみたい」そう思える子は、積極的に学んで思考力をどんどん伸ばしていきます。ぜひ、「やってみたいな」「楽しそう!」と思えるような声かけをしてあげてください。「早くやっちゃいなさい!」が口癖になっている場合は、その子がワクワクできるフレーズを作って交換してくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  2. 45669

    “キレイ”は白い歯から! 歯の着色汚れは意外にも美容食が原因だった!?

    健康リテラシーの重要性が叫ばれている昨今、食への関心も高まっているようです。美活に励む女性にとっても“何を食べるか”は、美容やファッションと同様に大切なポイントになっているのではないでしょうか。近年はスーパーフードが美容 … 続きを読む “キレイ”は白い歯から! 歯の着色汚れは意外にも美容食が原因だった!?

  3. 39722

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    ダイエットをする女性にとって、その理由は人それぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り … 続きを読む モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

注目キーワード

ランキング