長嶋一茂が「漢字のうんちく」披露するも残念な結果に

 6月1日放送の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)に元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂が出演。漢字にまつわるうんちくを披露し、ネットで大絶賛されたが、残念なオチがあった。

 番組では、埼玉県・秩父市の三峯神社の渋滞問題を特集。三峯神社は、毎月1日限定で「白い氣守(きまもり)」を参拝者に頒布していた。しかしマイカーで訪れる参拝者が殺到し、最長約25キロの渋滞が発生するなど、地元住民や運送会社から苦情が殺到。この事態を受けて今年6月から「白い氣守」の頒布の休止を決定したそうだ。

 交通渋滞に関する議論が続くなか、長嶋は「僕、そこの(白い)氣守、ぜひ、ひと言だけ言いたいんだけども」と切り出し、「白い氣守」の「氣」の字に関して語り出した。「(氣という字は)真ん中が米偏なわけですよ。今の“気”はシメ偏になるわけね。戦後、GHQの政策で日本の武士道を衰退させるために米偏だった“氣”をシメ偏にして“気”が分散しないようにした。本当の“氣”はこの米偏であることをお伝えしたかったです。以上です」と熱弁を振るった。

 簡単にまとめると、長嶋の主張はこうだ。本来「氣」という漢字は「氣」が広がっていくというプラスの意味があった。おそらく「氣」に使われる「米」という字が末広がりで八方に広がると解釈したのだろう。しかしGHQの政策により「気」という漢字になった。「米」から「〆る」となり、気の力が抑え込まれてしまったと言いたかったようだ。

 MCのフリーアナウンサーの羽鳥は「ヘェ~。いいこと知っているじゃないですか!」と長嶋を称え、ネットでも「長嶋一茂、朝からいいこと言うな」「久しぶりにまともなことを言った」など大絶賛されたのだ。

 しかしうんちくの真偽はともかく、長嶋は残念な言い間違えをしてしまった。

「ネットでも指摘されていましたが“氣”や“気”の部首は“气”(きがまえ)であり、米偏やシメ偏というものではありません」(週刊誌記者)

 番組のエンディングでも長嶋の言い間違えを訂正していたが、残念な結末となってしまった。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング