2018/12/31 18:14

サザン「勝手にシンドバッド」に脅威を感じた“昭和の名作詞家”とは

 12月31日に放送される「第69回紅白歌合戦」(NHK)のトリは、紅組が石川さゆり、白組は嵐。そして嵐の後に“平成最後の紅白”を締めくくるのが、サザンオールスターズだ。

 サザンオールスターズが披露するのは「勝手にシンドバッド」と「希望の轍」の2曲。どちらも名曲だが、デビューシングルの「勝手にシンドバッド」はオールドファンならずとも懐かしさを感じる。

「サザンオールスターズが『勝手にシンドバッド』を引っさげてデビューしたのが、1978年です。当時は早口で歌詞が聴き取れないなどと騒がれましたが、日本語でもロック調の曲が合うことを認識させられた名曲でした」(音楽ライター)

 まったく意味不明だったタイトルも話題となった。

「前年にヒットした沢田研二の『勝手にしやがれ』とピンクレディの『渚のシンドバッド』の“勝手に”と“シンドバッド”を組み合わせたものです。これほど大胆にパクって人を食った曲名も珍しいでしょう」(前出・音楽ライター)

 実は、「勝手にしやがれ」と「渚のシンドバッド」の作詞は、2007年に亡くなった作詞家の阿久悠によるものだ。

 16年5月30日のニュースサイト「アエラドット」で音楽評論家のスージー鈴木氏は「この時、桑田佳祐は22歳。42歳の阿久悠にしてみれば、海の物とも山の物ともしれない若者が、まったく新しい感性で自分の曲を換骨奪胎してデビューしたことは、自分のキャリアを揺るがしかねないような、大きな脅威だったはずです」と分析している。

「17年9月14日の『夕刊フジ』の公式サイト『zakzak』で、阿久悠の長男である作曲家の深田太郎氏は、父親がいないときに『勝手にシンドバッド』をこっそり聴いていたと明かしています。その理由について、深田氏は『なんだか父の仕事を脅かすような存在だと、子供心に思ったんでしょうね』と告白していました」(前出・音楽ライター)

 希代の名作詞家も脅威に感じた「勝手にシンドバッド」が楽しみだ。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング