アメリカで大流行!「30日間スクワットチャレンジ」で美しいヒップをゲット!

20160216skuwatto

 “ベルフィー”を知っていますか? 「butt(ヒップ)」と「selfie(セルフィー)」を合わせた造語で、つまり“ヒップの自撮り”。海外セレブはもちろん、日本でも菜々緒さんやダレノガレ明美さんなどが見事なヒップの写真を公開しています。

「そんな美しいヒップを短期間で実現させる方法が今、アメリカで大流行の“30日間スクワットチャレンジ”。1日50回のスクワットから始めて、毎日5回ずつ回数を増やしていくものです。最終日に250回の達成を目指します」

 こう説明するのはトレーニングに詳しいフィットネスライター。でも、いきなり50回なんて無理と思った人はご安心。実は連続ではなく1セット10回を5回に分散してもいいそうなんです。それならなんとかできそうですね。では、正しいスクワットのやり方を教えてもらいましょう。

「基本は上半身を股関節から少し前に倒しながら、膝がつま先よりも前に出ないように腰を落としていきます。もう一つ、つま先を外側に向けて少し足を大きく開いてやる、より効果的なSUMOスクワットというのもあります」

 SUMOは日本の相撲のこと。力士が四股を踏むポーズに似ているので、実際にアメリカでもこう呼ばれているのだとか。どんな効果があるのでしょう。

「スクワットは“キング・オブ・トレーニング”とも呼ばれていて、ヒップから太ももの大きな筋肉をメインに体幹や背中の筋肉、つまりほぼ全身に刺激が入り、脚が太くなることもありません。ヒップ痩せとヒップアップはもちろん、すっきりした脚線美にウエストの引き締め、脂肪燃焼促進と、様々なスタイルアップ効果が期待できます」(前出・フィットネスライター)

 スクワット15回は、腹筋運動500回に相当するとも言われているのだとか。それを聞いて“スクワットチャレンジ”でネット検索すると、成功者の美しいヒップの写真がたくさんアップされていました。

 これはチャレンジしてみる価値あり。さっそく今日から始めてみませんか?

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング