ハイレベルの四大陸選手権を見た羽生結弦が世界選手権でトンデモ得点を叩き出す!?

20160224hanyuu

 2月18日から開催されたフィギュアスケート四大陸選手権。優勝候補の一人に目されていたデニス・テン選手が怪我のため欠場となり、宇野昌磨など、好調日本男子選手の表彰台は確実だろうと前評判は高かった。

「今回の四大陸選手権ほど、波乱に満ちた展開は少ないのではないでしょうか。優勝争いに絡んでくる選手が、今季シニアデビューのボーヤン・ジン、宇野、ハン・ヤンなど若手ばかり。しかもボーヤンが4回転ジャンプを4回成功させ、優勝は確実と思わせながら5位のパトリック・チャン選手が逆転優勝。レベルの高い争いが繰り広げられました」(スポーツライター)

 今シーズンの試合は3月末の世界選手権を残すのみ。この四大陸選手権の結果を見ると、さらに熾烈な闘いになりそうだ。

「世界選手権は今回の表彰台の3人に加え、宇野、ハビエル・フェルナンデス、そして羽生結弦と豪華な顔ぶれです。さらに高得点を叩き出すために、どの選手も演技の難易度を上げてきていますから、羽生も別格とはいえ油断はできません。とはいえ、今回の結果を見て羽生は武者震いをして喜んでいるんじゃないでしょうか。以前から『強いライバルが本領を発揮しない試合で勝ってもうれしくない』と公言しています。ライバル、パトリック・チャンの復活は羽生選手の勝負魂に火をつけたに違いありません」(前出・スポーツライター)

 さらに、初めて4度の4回転をすべて成功させた銀メダルのボーヤン・ジンも、GPファイナルでは羽生が「見てろよ!」と密かにつぶやいて高得点を見せつけた相手だ。

「不足なし」な相手がそろう世界選手権。この状況でこそ、羽生の最高の演技が生まれるに違いない。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング