有村架純「いつ恋」爆死は当然だった?ご都合主義の最終回に視聴者が激怒!

20160324arimura

 ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)が予想通り、月9の最低平均視聴率を更新。世紀の駄作として記憶されることとなった。あまりにもご都合主義の最終回にはドラマファンから怒りの声が続出している。テレビ誌のライターが説明する。

「広げ過ぎた風呂敷をなんとか畳むために、無理やり伏線を回収しまくった最終回でした。ヒロインの有村架純が働く介護施設の御曹司はお見合いを決意し、友人役の高畑充希はプロポーズを受け、当の有村は高良健吾と遠距離恋愛を決意という謎のハッピーエンド。しかも、前話で階段から転落し、本来ならリハビリの必要な“びまん性軸索損傷”を負った有村が、退院後は何事もなかったようにピンピンしているのですから、開いた口がふさがりません」

 しかも、有村が階段から落ちて意識不明になったのは、彼女が大事にしていた亡き母からの手紙を御曹司が読む機会を作るための、苦肉の策だったのである。こんなご都合主義だらけの物語に対し、一部のメディアは「良質のドラマ」と持ち上げ続けていたが、それがステマに過ぎなかったことは、この最終回が証明していたと言えそうだ。前出のテレビ誌ライターが指摘する。

「最終回を観た視聴者の感想は、ほとんどが『有村架純が可愛いすぎた』とか『西島隆弘くん男前だった』など、出演者のファンによるもの。内容に感動したという声は少なく、せいぜい『ハッピーエンドで安心した』という程度でした。北海道や東北の出身者からは、出身地がステレオタイプな枠に当てはめられていて不愉快という声さえあがっていましたね」

 終盤に有村と高良が語り合うシーンでは、有村が東京の悪口をさんざん言い続ける始末。どうやら制作陣が描きたかった現代の若者は東京嫌いのようだが、視聴者にしてみれば「10回にもわたってつまらないドラマを見せ続けられた」との悪口も言い続けたくなるところだろう。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング