女性の“テレワーク疲れ”の実態と解消法

 テレワークによって家事や育児に余裕ができたはずなのに、これまでよりも疲れが溜まりやすいと感じていませんか?

 テレワークは、通勤時間の削減などで自宅で過ごす時間にゆとりができる反面、気付けば仕事に家事・育児にと頑張り過ぎてしまう傾向があるようです。

 カルビーが2020年8月、週1回以上テレワークを実施している20~49歳の有職者女性600名を対象に実施した調査によると、「テレワークをすることで、これまでにはない疲れやストレスを感じることがありますか?」という質問に、「ある」と回答した人は55.2%と過半数にのぼったそう。

 テレワークによる疲労やストレスの原因を尋ねた結果は、「仕事とプライベートの境界線が曖昧」(53.2%)、「家にこもりっぱなしであること」(39.6%)、「仕事をする環境が整っていない」(36.3%)、「“ひとやすみ”がしづらい」(35.6%)、「(職場への)質問が簡単にできない」(31.1%)などが多く挙げられたようです。

 また、同調査で「オフィスワークと比較して、テレワークの方が生産性が高い働き方ができていると思いますか?」という質問には、「できていると思う」と回答した人は54.5%でした。テレワーク中に“ひとやすみ”ができているかを尋ねた結果と合わせて分析したところ、「テレワークの方が生産性が高いと思う」人は、テレワーク中に適度な休息を取れている人が多いことが判明したそうです。

 テレワーク中に適度な休憩を入れることができている人ほど、仕事の生産性を高めることができる傾向がある様子。仕事だけでなく、家事や育児とのメリハリもつけやすくなり、疲労やストレスの予防・改善にもつながりそうですね。

 テレワークの日は、オフィスワークの日に比べて頑張り過ぎて疲労やストレスを感じやすいという人は、適度な休憩を予定に組み込み、実践することで改善の糸口になるかもしれません。室温や疲れにくい机・椅子など、仕事環境を見直すことでも疲労度は変わってくるでしょう。日頃の負担を軽減するきっかけとして、テレワークの方法を見直してみてはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング