2016/01/19 09:58

新妻・堀北真希に敗北!TOKIO長瀬智也は「水10」の“敗戦処理係”だった?

20160119horikita

 視聴率対決の行方が注目されていた、水曜10時の新ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」(日本テレビ系)と「フラジャイル」(フジテレビ系)。初回放送の結果は「ヒガンバナ」が11.2%、「フラジャイル」が9.6%となり、結婚後初ドラマ主演であった堀北真希に軍配が上がった。

「ヒガンバナ」は昨年8月に俳優・山本耕史と結婚したばかりの堀北が主演のほか、先ごろ北川景子と結婚したばかりのDAIGOも出演するとあって、放送前から期待度が高かった。

 一方「フラジャイル」は、同名の人気マンガが原作ということもあり、ストーリーは保証付き。しかも「強烈な変人」と周囲が評する偏屈な天才病理医をTOKIO・長瀬智也が演じるとあれば、話題性は十分あったように思えたのだが‥‥。そもそも「フラジャイル」にはキャスティング段階から“大人の事情”があったようだ。

「当初、局側は『フラジャイル』の主演に嵐の松本潤を起用したいという意向があったようです。しかし、“水10ドラマ”枠は裏の日テレに惨敗続きで今期で撤退。4月からはバラエティ番組に変更することが決まっています。そこで事務所は“松潤ブランド”に傷をつけてはなるまいと、長瀬に白羽の矢を立てたそうです」(テレビ関係者)

 つまり、長瀬はフジの“敗戦処理”を押し付けられたということか? しかも関係者の一部からは「フラジャイル」の制作費はかなり抑えられているといった声もこぼれている。もはやフジテレビ側ははじめから戦う気のない“店じまいムード”だとでも言わんばかりだ。

「ただ、長瀬を始めとした出演者らは“水10ドラマ枠”を有終の美で飾るべく張り切っているそうです。初回は確かに『ヒガンバナ』の勝ちでしたが、これには堀北とDAIGOの“結婚効果”もあってのことでしょう。2話以降は視聴率逆転もあるかもしれません」(芸能ライター)

 視聴率1桁台が軒並み続く今期の新ドラマ。果たして「フラジャイル」に“後伸び”はあるのだろうか。

(佐藤マコト)

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

    ヘアスタイルを変えたり、新しい洋服をデビューさせたり、あなたのちょっとした変化を周りは、気付いているものです。周りからの視線が変わったり、「ちょっとイメージ変わったね」などと言われると嬉しいものですよね。髪型や服装で「可 … 続きを読む 周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

  2. 29149

    45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

    淑女読者は独身であっても、あるいはパートナーのいる方であっても、老後の経済生活に不安を抱えていらっしゃる方が多いのではないか。今回は老後貧乏に陥らないための3つの心得を伝授することにしよう。第一の心得は、月並みだが、「自 … 続きを読む 45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

  3. 26464

    お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

    春は出会いの季節と言われますが、恋に落ちるような男性との出会いって、意外と少ないんですよね。しかもそれが「結婚」に発展するような出会いとなると、そう簡単ではありません。婚活パーティや街コン&合コンと、世の中にはさまざまな … 続きを読む お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

注目キーワード

ランキング