2016/01/19 09:58

新妻・堀北真希に敗北!TOKIO長瀬智也は「水10」の“敗戦処理係”だった?

20160119horikita

 視聴率対決の行方が注目されていた、水曜10時の新ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」(日本テレビ系)と「フラジャイル」(フジテレビ系)。初回放送の結果は「ヒガンバナ」が11.2%、「フラジャイル」が9.6%となり、結婚後初ドラマ主演であった堀北真希に軍配が上がった。

「ヒガンバナ」は昨年8月に俳優・山本耕史と結婚したばかりの堀北が主演のほか、先ごろ北川景子と結婚したばかりのDAIGOも出演するとあって、放送前から期待度が高かった。

 一方「フラジャイル」は、同名の人気マンガが原作ということもあり、ストーリーは保証付き。しかも「強烈な変人」と周囲が評する偏屈な天才病理医をTOKIO・長瀬智也が演じるとあれば、話題性は十分あったように思えたのだが‥‥。そもそも「フラジャイル」にはキャスティング段階から“大人の事情”があったようだ。

「当初、局側は『フラジャイル』の主演に嵐の松本潤を起用したいという意向があったようです。しかし、“水10ドラマ”枠は裏の日テレに惨敗続きで今期で撤退。4月からはバラエティ番組に変更することが決まっています。そこで事務所は“松潤ブランド”に傷をつけてはなるまいと、長瀬に白羽の矢を立てたそうです」(テレビ関係者)

 つまり、長瀬はフジの“敗戦処理”を押し付けられたということか? しかも関係者の一部からは「フラジャイル」の制作費はかなり抑えられているといった声もこぼれている。もはやフジテレビ側ははじめから戦う気のない“店じまいムード”だとでも言わんばかりだ。

「ただ、長瀬を始めとした出演者らは“水10ドラマ枠”を有終の美で飾るべく張り切っているそうです。初回は確かに『ヒガンバナ』の勝ちでしたが、これには堀北とDAIGOの“結婚効果”もあってのことでしょう。2話以降は視聴率逆転もあるかもしれません」(芸能ライター)

 視聴率1桁台が軒並み続く今期の新ドラマ。果たして「フラジャイル」に“後伸び”はあるのだろうか。

(佐藤マコト)

Asa-Jo チョイス

  1. 35758

    海外セレブも愛用する話題の「スムージー」で、グラマラスなボディを目指す!

    アラサー、アラフォー世代にとって、「体型の崩れ」はどうしたって無視できない問題ですよね。暑さが続くこれからの季節は肌を出す機会も増えるし、「なんとかしなくちゃ!」と頭を抱えていませんか?「仕事もあるし、子どももいるし、忙 … 続きを読む 海外セレブも愛用する話題の「スムージー」で、グラマラスなボディを目指す!

  2. 38140

    胸キュン確実!「キスシーン」で選ぶ名作コミックを無料で試し読み

    最近キスしていますか──30代40代になったって、トキメキを忘れた女性にはなりたくない! そんなあなたには、きっと、理想のキスがあるはず。大人の甘いキス、激しく情熱的なキス、10代の頃の初々しいキス……歳を重ねたからこそ … 続きを読む 胸キュン確実!「キスシーン」で選ぶ名作コミックを無料で試し読み

  3. 37541

    新事実!育毛剤ってダサい?いえ将来ハゲないためにケアしてる男性はかっこいい!

    某テレビ番組でビジネスマンのまつ毛エクステが話題になっていました。スキンケアやアンチエイジング、さらにはメーキャップまで、メンズエステ隆盛のいま、男性の美容への関心はこれまでになく高まっているといえるでしょう。とくに、カ … 続きを読む 新事実!育毛剤ってダサい?いえ将来ハゲないためにケアしてる男性はかっこいい!

注目キーワード

ランキング