みちょぱ「下ネタとの正しい付き合い方」もスゴかった!

 モデルでタレントの“みちょぱ”こと池田美優が12月8日放送の「さまぁ~ず論」(テレビ朝日系)に出演し、下ネタに対する自身の考え方を表明している。

 現在大ブレイク中で、様々なバラエティ番組に出演し続けているみちょぱは、お笑いコンビ・さまぁ~ずに対し、「下ネタは少しは嫌がった方がいいですか?」と卑猥なトークへの適切な対処法を質問。自身は「(下ネタを)話すのも聞くのも好き。楽しんですよ。番組も盛り上がるし」とのスタンスだというが、「ネットではそういうのに厳しい」とも話し、みちょぱのファンも含め、世間はあまりそうしたトークへの積極的な参加を望んでいないのだという。

 また、みちょぱは「どこまで下ネタに乗っかっていいのか、境界線が分からない。下品に見えすぎてもイヤ」とバランスを取ることの難しさを告白。周囲との関係性から、下ネタを完全に無視することも不可能だと話すと、“下ネタ番長”の三村マサカズは「表情に出さないでかわす人もいる。それも良いっちゃ良い」と無視しようとする女性の対応も“アリ”のようだ。

 この三村のこだわりを聞いた平成ノブシコブシ・吉村崇は「それは達人の域」とのツッコミ。吉村自身は本番前に女性の共演者に軽めの下ネタを浴びせ、その女性がどこまで許容してくれるかを事前に探るスタイルだという。

 みちょぱは、あまりに生々しい“ダイレクトな下ネタ”には嫌悪感があるものの、基本的には「下ネタを言われるのも大好き」とも告白していた。

「過去には、アンガールズ田中卓志からカメラの回っていない番組収録の合間に『バストトップの色は何色?』と尋ねられ、サラッと『普通ですよ』と答えたこともあるみちょぱ。こうした下ネタへの耐性や咄嗟の返しの上手さは、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)でも“みちょぱスゴいぞ芸人”として企画化されるなど、共演者からも好評のようです。ただ、みちょぱは“ダイレクトな下ネタ”については拒否反応を示していますが、11月22日放送のラジオ番組『みちょパラ』(ニッポン放送)では、便通であることを自ら明かした上で、トイレで大きい方を『1日10回出したことある』と最高記録を告白。その“ブツ”の形状についても『(後半は)段々とちゃんとしたモノは出てこなくなるけど』とも説明しています。また、その翌週の同番組でも引き続き“大の話題”となり、『オナラはあまりクサくないけど、その分、大はクサい』『肉とかニンニク食べた後は“うわ、クセー”とはなるよ』などとトーク。こうした飾らないナチュラルなみちょぱを知ることができるとして人気の同番組ですが、このトーク以上に“ダイレクトな下ネタ”は存在しないように思いますが…」(テレビ誌ライター)

 下ネタは言うのも言われるのも好きだとしつつ、「下品に見えすぎてもイヤ」と話していたみちょぱ。その方針はオジサン芸人からは好評を博しているかもしれないが、さすがに“大の回数”や“ニオイ”を自ら大っぴらに打ち明けるのは控えた方が良さそうだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  2. 100375

    30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

    昨今のリモートワーク急増により、多くの場面で“オンライン化”がニューノーマルとして定着しました。同時に、こうした変化の不安からか在宅中の余暇を“学び”に充てる人も多く、手軽に参加できるオンラインサロンやセミナーのニーズが … 続きを読む 30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング