子どもの「観察力」を伸ばす3つのポイント

 ビジネスの現場でも重要視されるようになってきた「観察力」。ものごとの表面的な部分だけでなく、深く考えて新しい気づきを得る力が求められています。

 子どもたちの学びの場でも、観察日記を書いたり自由な探求を行ったりと、ものごとを深く観察する機会がよく設けられていますよね。では、家庭で子どもの観察力を鍛えるために、大人はどのようにサポートしていけばよいのでしょうか。

■テーマを広げたり疑問を投げかけたりして考える素材を渡す

 例えば、トマトを栽培して観察日記をつけるとします。子どもがトマトの成長を楽しみにしていたら、茎や葉の様子を毎日追い、どこに実ができるか、実がどのようになるのかを注意深く観察するかもしれません。ここで「茎はどんどん伸びているけれど、根っこは変わらないのかな?」「実の色は変わったけれど、他の部分はどうかな?」などと視点を渡してあげることで、新しい気づきを得られることも。もちろん、実の観察による発見もとても重要なことですから、他の部分まで深く観察する余裕があるかどうかを見定めて声かけをすることが大切です。

■1つのテーマで行う観察を継続・比較する

 1度の観察だけで全てが分かることはほとんどありません。1度観察して分かったことや新たに出てきた疑問は、2回、3回と繰り返し観察すると理解や発見が深まります。何度でも同じことが起こるのかを確認するだけでなく、条件を変えると結果が変わるのかなども観察してみると面白いですよ。

■子どもの小さな発見に耳を傾ける

「もっと深く観察して欲しい」と思ったら、まずは子どもが自ら見つけた発見を肯定するところからスタートしましょう。「すごいことを発見しちゃった!」とうれしくなれば興味が広がりやすいですし、「もっと面白いかもしれない」と思えれば観察意欲も高まります。「そんなんじゃダメだ、もっとよく考えなさい」という姿勢よりも、「もしかしたらもっと大発見ができるかも!」と、一緒に楽しむスタンスでかかわるのがオススメです。

 子どもたちは観察をして新しい発見をすることが大好き。ぜひ童心に戻って一緒に発見を楽しんでくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング