草なぎ剛が続ける映画撮影の流儀、同じルーティンを木村拓哉も行っていた!

 映画「ミッドナイトスワン」で主役を務めた草なぎ剛の評価がうなぎのぼりになっている。

 メガホンをとったのは、内田英治監督。昨年は村西とおる監督を山田孝之が演じて話題になった「全裸監督」(Netflix)や、テレビ東京系列の深夜連ドラ「Iターン」(ムロツヨシ、古田新太などが出演)で脚本・監督を務めた注目の人物だ。80年代後半から映像、出版に携わっているため、これまで数えきれないほど多くの有名芸能人と仕事をしてきた。そんななかでも、草なぎは特殊な俳優だという。

「ドラマや映画の撮影は基本、カメラ位置、主軸で撮りたいキャストを変えて、何度も同じシーンを撮ります。セットチェンジにはそれなりの時間がかかるため、キャストはいったん現場から離れて控室に戻るのですが、草なぎはずっと現場に残ったままなんです」(映画関係者)

「ミッドナイトスワン」の撮影では、それが顕著だった。草なぎのクランクインから2日ほどは、居残る主役にスタッフは違和感を覚えていた。ところが3日も経つと、そこに佇んでいることが当たり前の空気のような存在となり、気に留めるスタッフはいなくなった。そもそも草なぎはSMAP時代から、その場に溶け込む天才。今も、その力を失っていないようだ。

 現場から離れないといえば、木村拓哉もSMAP時代から実践している。バラエティ番組、ドラマでも単独の控室はほとんど使わず、多くの関係者が絶え間なく行き来する前室に居座ることで有名だ。

「『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の収録は、まさにそうでした。コントやゲーム、歌や料理コーナー『BISTRO SMAP』が毎週2回、フジ社内のスタジオで撮られていましたが、合間の待ち時間はほぼ前室で過ごしていました。マッサージをしてもらったり、雑誌を読んだり、スタッフと歓談したりしていましたね」(芸能ライター)

 木村はダウンタウン・浜田雅功の影響によって、前室の重要さを知った。95年のドラマ「人生は上々だ」(TBS系)で共演したとき、浜田は常に前室で周囲を和ませ、雰囲気づくりを万全にしたうえで、本番に挑んだ。木村はそれをマネたのだ。

 草なぎと木村はSMAP時代、プライベートも共にするほどの仲ではなかった。だが、袂を分かった今、演技者として同じルーティーンを続けている。ファンにとっては、うれしい一致かもしれない。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  2. 100375

    30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

    昨今のリモートワーク急増により、多くの場面で“オンライン化”がニューノーマルとして定着しました。同時に、こうした変化の不安からか在宅中の余暇を“学び”に充てる人も多く、手軽に参加できるオンラインサロンやセミナーのニーズが … 続きを読む 30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング