木村拓哉が“億超え芸人”を大胆キャスティングした「信じられないひと言」

 木村拓哉が、イケてるおやじ“イケおじ”のシンボルとなった。今年11月で、ついに50歳の大台に乗る。しかし、4月期の主演ドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)でボクシング部のコーチ役を演じた際にチラリと見せた筋肉美は、SNSがにぎわうほど“現役感”にあふれていた。

 同作は、木村にしては珍しい青春スポーツドラマ。木村扮する桐沢祥吾は、かつてボクシングで日本を代表する名選手だったが、ケガを理由に断念。最愛のフィアンセを亡くしたことで破れかぶれになり、ピザ屋の宅配のアルバイトで食いつないでいた。そんな時に、母校のボクシング部のコーチを任されたことで、人生を再生させるという内容だった。

 そんな作品に、感銘を受けたお笑い芸人がいる。土佐兄弟(有輝、卓也)だ。TikTokで公開している「高校生あるある」の総再生回数が10億回を突破した大バズリ芸人。兄弟そろって20年以上の木村ファンで、卓也は「木村さんに会うために芸能界に入ったと言っても過言ではない」と語るほど。本作を見て、ボクシングジムに入会した。そして、2人の夢がドラマでかなっていたのだ。

 同作は、5月28日深夜にメイキング番組が放送された。土佐兄弟はナビゲーターを務め、ドラマの撮影現場を訪れた。作中で木村がよく座っている場所に座り、使用するリュックを見て大興奮。するとそこへ、木村がサプライズ登場。「このドラマのどんなところが好きなの?」と聞かれ、2人は思いの丈を熱く語る。すると、「そんなに好きなら出ちゃえばいいじゃん」と驚きの提案が。目の前にいたプロデューサーも快諾して、最終話で出演してしまった。

「PR番組の収録時には、木村みずからがミットを持って、卓也のパンチを受けました。卓也は『夢じゃないよね?』と信じられない様子。ラストでは、木村の発案によって出演者全員で記念撮影。土佐兄弟のボルテージは上がりっぱなしでした」(テレビ誌ライター)

 土佐兄弟は最終話で、インターハイ予選会の観客として他校の高校生を演じた。ほんの数秒だが、しっかりカメラに映った。鶴の一声ならぬ、拓哉の一声で殿上人と共演できた兄弟芸人。TikTokでバズった恩恵をここで授かった格好だ。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング