友だち止まりで彼女になれない……彼に恋してもらえないあなたのLINE習慣とは?

 恋人未満の彼。LINEでの距離の縮め方を失敗すると、「いつまでも友だちのまま……」ということになりかねません。あなたは大丈夫? LINEのNGパターンをまとめたので、チェックしてみてくださいね。

■つい照れてしまって男っぽい“気さくなオンナ”を装ってしまう

 好きな人が相手だと、つい普段以上に男っぽい言葉を使ってしまいませんか?「しらねーよ」などなど、最近は女性でも使うかもしれませんが、男性の恋心を揺り動かす言葉ではありません。むしろ、気さくで安心できる友だちという印象になってしまいます。

■そっけないやりとりで「脈なし」と勘違いされてしまう

 彼への好意を隠したLINEばかりしていませんか? 彼から「今日は仕事が忙しくて疲れたよ」とLINEがきても、なかなか返事をしなかったり「そうなのね」とそっけない返事をしたり……。このようなLINEはNGです。「俺に脈はない……」と勘違いされてしまいます。誰だって大変なときは人恋しくなりがち。「大変だったね」「元気になるといいね」「ふぁいと!」など、相手に寄り添った言葉がベターです。そのほうが親しくなれますよ。

■彼を好きなあまり質問ばかりしてしまう

 会話がキャッチボールのようになっていたら、それは楽しい恋に発展しやすいです。ほどよい量の質問は相手とのキャッチボールを潤滑にしてくれるからいいのですが、質問が多過ぎると2人の会話がこう着して恋愛関係に進みにくくなってしまいます。質問されてばかりだと、答えるということが“義務”になってしまい、連絡をとるのが面倒になってしまうんです。相手の出方をうかがいながら、ほどよい量の質問をしましょう。

■自分のことを話し過ぎてしまう

 自分について話すことを心理学では【自己開示】といいます。この自己開示をしたほうが、恋愛関係になりやすいのは本当ですが、やり過ぎると逆効果。相手のことを知り過ぎると、恋人ではなく友だちになりやすくなってしまいます。あなたが好きな食べ物などを話すのはいいですが、過去の恋愛や家族のナーバスな話などは、恋人未満のときにはあまり話さないほうがベター。ミステリアスな部分を残しておきましょう。

 いかがですか。とにかく、コミュニケーションとはキャッチボールです。「こうしなきゃいけない」という法則はありませんが、相手の様子を見ながら柔軟に対応する力が必要なんです。

 大丈夫。彼を好きで、「彼と仲良くなりたい」という前向きな気持ちで連絡を取り合えば、うまくいく可能性は高まります。心理学では“ポジティブなストロークにはポジティブなストロークが返ってくる”といわれています。まずはあなたからそうしてみましょう。

安藤房子(あんどうふさこ) 作家・恋愛心理研究所所長。離婚を機に日本初の恋愛カウンセラーとして独立。メールカウンセラーの草分け。心と身体両面からのアプローチで婚活・恋活女子を応援。著書は韓国・中国でも翻訳出版。心理テスト作成やメディアでMCとしても活躍中。

Asa-Jo チョイス

  1. 169711

    血中コレステロールは「増やす」ことも大事!?血中コレステロール対策のポイント

    「40歳を過ぎてから、年々、コレステロールの値が…」と、気になっている方は多いのではないでしょうか? 体調に大きな変化がないからと気にしないまま過ごしがちなコレステロールですが、やはり指摘されると気になるもの。早めに対策 … 続きを読む 血中コレステロールは「増やす」ことも大事!?血中コレステロール対策のポイント

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

注目キーワード

ランキング