崔洋一さん、「俺って何者よ?」を追い求めた映画監督人生

 映画監督の崔洋一さんが11月27日、膀胱がんのため死去した。73歳だった。

 崔さんは高校卒業後、写真学校に入学するも、学生運動をしていた2年生の秋に除籍となる。その頃、高校の先輩から映画界入りを勧められて、照明係から始め様々な部署で映画製作に携わった。

 1976年公開の大島渚監督「愛のコリーダ」でチーフ助監督。83年公開の内田裕也主演「十階のモスキート」で映画監督デビューする。

 作家・梁石日氏の自伝的小説「タクシー狂操曲」を原作とした93年公開の岸谷五朗主演映画「月はどっちに出ている」では、日本アカデミー賞、報知映画賞、毎日映画コンクールなどのさまざまな部門で受賞。さらに04年には、ビートたけし主演映画「血と骨」で日本アカデミー最優秀監督賞などを受賞した。

 崔さんは監督になった理由について85年、「週刊大衆」の「在日コリアンパワー」のインタビューで「映画作りの現場にいて、おもしろいと感じた。俺の自己表現の手段として、非常に向いているんじゃないかと思った」と答えている。

 崔監督が表現したかったものとは「俺って何者よ? ってことなんだ。これは、永遠に追求し続けるんじゃないかな」だという。

 07年公開のチ・ジニ主演「ス SOO」で、初めて韓国でメガホンをとった崔監督。自身に問いかけ、表現したかった「何者か?」の答えは出せたのだろうか。

(李京榮)

Asa-Jo チョイス

  1. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング