満島ひかり、「NHKアニメで一人50役」起用で囁かれる「きっかけはアノ神動画」

 昨年3月29日から改編期を中心に放送されていたアニメ「アイラブみー」(NHK Eテレ)が今年4月から毎週水曜日にレギュラー放送されるようになった。

 このアニメは5歳の「みー」が自分の中にふと湧いた疑問を通して「自分を知っていく」という〈こどものための、じぶん探求ファンタジー番組〉と銘打った番組だが、大人も楽しめる、どこか“深い”内容もある。

 例えば、これまでに放送された「しんじゃったら、もうあえないの?」「なんでおねしょをしちゃうんだろう?」「みーのめは なんでちいさいんだろう?」など、各12話のタイトルを見るだけで、何となくよくあるアニメとは一線を画していることが伝わるのではないだろうか。

 4月29日放送の「土スタ」(NHK)には、そんな「アイラブみー」に登場する全てのキャラクターおよそ50キャラの声を演じ分けている満島ひかりが生出演。この仕事を受けた経緯について、こう語った。

「初めは、『こういうアニメーションを作りたいので、声の出演どうですか?』というお話が来て、『もしよかったらいろんなキャラクターの声を演じ分けていただけると面白いなと言いつつ、ちょっとまあ男の方の声もあるので、試しにやってみましょうか』って言うので、やってみたら『いいですね、いいですね』って。『いや、難しいんですけど』ってまたやって。『あ、それもいいですね』『あ、全部やりましょうか』って」

 要は、スタッフから乗せられてやることになったようだが、さらに満島は、「しかも後から聞いたら、もともとこの50役くらいを全部実写で1人でやらせようかと思ってたんだって」と、続け、当初はアニメではなく実写にしようとしていたというのだ。

「おそらくスタッフ陣は、2021年6月に満島が1人6役を演じた長崎県南島原市の観光ムービー『突撃!南島原情報局【神回】』を見て、この仕事のオファーを思いついたと思いますよ。それにしても、声だけでおよそ50キャラを演じ分けられる満島の技量に改めて驚かされました」(テレビ誌ライター)

 今後、演じ分けるキャラが増えそうだとも明かしていた満島。彼女なら100キャラでも平気で演じ分けられるのでは?

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング