2016/10/20 09:58

コレステロールが心配だから「卵は1日1個」は本当に正しいの?

20161020tamago

 ダイエットや健康維持のために「コレステロールを摂るのを控えている」という人はいると思います。「コレステロールが多いから、卵を食べるのは1日1個まで」という話もあります。 

「厚生労働省が5年ごとに発表する『食事摂取基準』によれば、2010年版まではコレステロールの摂取量は成人女性で1日600mg未満、同じく男性は750mgとなっていました。ところが、2015年版ではその基準が撤廃されたのです」

 こう話すのは健康情報にも詳しいフィットネスライター。一体どういうことなのでしょうか。続けて話します。

「体内にあるコレステロールのおよそ8割が肝臓で合成される脂質です。そして残りの2割である食事から摂取する分は、実は影響が少ないということがわかってきたのです。そこで、摂取目標を定める科学的根拠が薄くなってきたという理由から、食物に含まれる分は無視しても構わないということになりました」

 コレステロールはなにかと悪者のように言われていますが、実は体の中で細胞膜やホルモン、ビタミンDなどを作り出すために働く、無くてはならない大切な物質でもあるといいます。

「とは言え、すでに高コレステロールだと診断されている人は卵だけでなく、牛や豚、鶏のレバー、うなぎやイカなどもコレステロールが高い食品ですから注意しなければいけません。でも、健康な人は食事から摂る分を気にしたり、制限したりする必要はないのです」(前出・フィットネスライター)

 また、ある研究では卵は血中コレステロール値に影響しないという報告もあるそうです。これは黄身に含まれているレシチンという物質が、悪玉コレステロール(LDL)を減らして、善玉コレステロール(HDL)を多くする働きがあるので、余計なコレステロールが血管に付着して詰まらせるのを防ぐのでないか、とも考えられているのだそうです。

 ビタミンC以外のほとんどの栄養素を含んでいて、ダイエットや筋肉作りにも役立つ卵。毎日3~4個となると考えものですが、もう、あまり気にすることなく食べることができますね。

Asa-Jo チョイス

  1. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  2. 45669

    “キレイ”は白い歯から! 歯の着色汚れは意外にも美容食が原因だった!?

    健康リテラシーの重要性が叫ばれている昨今、食への関心も高まっているようです。美活に励む女性にとっても“何を食べるか”は、美容やファッションと同様に大切なポイントになっているのではないでしょうか。近年はスーパーフードが美容 … 続きを読む “キレイ”は白い歯から! 歯の着色汚れは意外にも美容食が原因だった!?

  3. 39722

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    ダイエットをする女性にとって、その理由は人それぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り … 続きを読む モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

注目キーワード

ランキング