高橋大輔が分析!羽生結弦の演技の成功はここでわかる

20170329_asajo_hanyuub

 羽生結弦選手の悲願の優勝がかかる「フィギュアスケート世界選手権2016‐2017」。現在、羽生選手の最大のライバルとされているのが、2月の「四大陸選手権」で優勝したネイサン・チェン選手だ。

「チェン選手はFSで5つの4回転を入れるなど、ジャンプで得点を稼いできます。その代わり、技術こそ向上していますが、それ以外の表現力やスケーティングがジャンプに集中するあまり雑になりがちなんです。その点、羽生選手はジャンプをクリアに跳び、難しい体勢から入り、つなぎのスケーティングもきれいで、総合点では勝っていると思いますよ」(スポーツライター)

 とはいえ、ジャンプの成否はともかく、素人にはつなぎの善し悪しなどはわからないというのが正直なところだろう。そんな巷の声もあってか、元選手の高橋大輔氏が3月27日の日本経済新聞電子版のコラムで“見どころ”を語っている。

「羽生選手の演技中の気持ちの動きに注目するとよいそうです。羽生選手は演技に気持ちが出やすいほうで、序盤から徐々に盛り上がっていると見えたら、全く心配ないのだとか。世界歴代最高得点を叩き出した時も、どんどん盛り上がっていって自分の世界にはまりこんでいましたからね。集中力が十二分に発揮できている状態ということでしょう」(前出・スポーツライター)

 羽生選手が集中して自分の世界に入っていく姿を見届けよう。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング