海外メディアのフィギュア実況で「織田信成」を連呼! その意味とは?

20170512_asajo_oda

 5月6日に放送された「くりぃむしちゅーの!THE☆レジェンド」(日本テレビ系)。トップアスリートの伝説的なエピソードをクイズ形式で紹介していく番組だが、フィギュアスケートの織田信成の海外でのマル秘エピソードがフィギュアファンの大爆笑を誘ったという。

「海外のフィギュアスケートの実況で、解説者が織田の名前を連呼した様子を放送したのです。なぜ織田の名前が連呼されたかというと、ジャンプの跳びすぎによる失敗に対して『織田信成』と名付けられているというのです」(スポーツライター)

 フィギュアスケートでは、3回転以上の同じジャンプを3回以上跳んではいけないというルールがある。選手は前半のジャンプを失敗した時など、それをカバーするために後半のジャンプを演技中に変更することも珍しくない。とはいえ、ルールに反しないようにジャンプの種類を工夫したり、コンビネーションにしたりするなど、とっさの判断で跳ぶことになるのだ。

「織田は勘違いによるジャンプの重複で得点にならないことがよくあったのです。日本語で言うところの“織田る”的な造語が海外でも使われていると報じられて、ファンの間でも盛り上がっていました」(前出・スポーツライター)

 現役引退をしてなお、海外で名前を連呼されるのはスケート界広しといえども織田くらいではないだろうか。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング