藤原紀香、広瀬すずの「ブルゾン真似」は好感度UPの計算?

20170523_asajo_fujiwara

 5月15日、お笑い芸人のブルゾンちえみがインスタグラムに載せた写真が、注目を集めている。

「モノクロで、ファッション誌をイメージさせる写真。フォロワーからは、“オードリー・ヘップバーンみたい!”なんて声もあがっています。撮影したのは、海外で活躍するファッション誌のカメラマン。本人はTwitterで“完全にプライベートで撮りました!『架空のファッション誌を創刊するコンセプト』”とつぶやいています。『人は見た目が100パーセント』でドラマ進出を果たしたブルゾンの次なる野望は、ファッションの世界かもしれませんよ」(女性誌記者)

 巷では“ちえみメイク”を真似してインスタグラムに投稿する“ブルゾン女子”が増殖中。その人気は、芸能界でも広がりを見せている。

「日本テレビの情報番組『PON!』に出演した藤原紀香が、注目している人としてブルゾンちえみの名前を挙げ“35億”のモノマネを生披露しています。ブルゾンも嬉しかったのか『女性の代表である紀香さんに気に入っていただけるとは光栄です』と感激していました」(番組関係者)

 一方、女優の広瀬すずも、都内で行われたロッテ・ガーナミルクチョコレートの母の日のイベントで、こうコメントしている。

「最近母が、私に髪型(ボブヘア)を似せてくる。眉を濃くして赤いリップを塗って、母と一緒にブルゾンさんのモノマネをしたい」

 なぜブルゾンがこうまでタレントにもてはやされるのか。芸能記者が言う。

「女子人気の高いブルゾンのモノマネをすることで、おちゃめキャラを演出でき、またマスコミにも取り上げられやすい。以前は女優の吉高由里子がドラマ共演者の鈴木亮平、坂口健太郎とブルゾンのパロディを演じ、ドラマ公式インスタで公開していました。同じ芸人のキンタロー。もブルゾンメイクを真似して“ブルゾンキン美”としてブログに上げて話題になったこともあります」

 人気回復、好感度アップのために、ブルゾンネタは格好の材料のようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング