2017/05/28 10:15

松本人志、1人だけ“エア自転車”で友達について行った貧乏少年時代を語る

20170528_asajo_matsumoto

 5月18日放送されたバラエティ番組「クレイジージャーニー」(TBS系)で、ダウンタウンの松本人志が子供時代の貧乏エピソードについて語った。

 オープニングトークにて、バナナマンの設楽統から「子どもの時は食べられなかったけど、大人になったら好きになった食べ物はありますか?」という質問をぶつけられた松本。すると彼は「えぇ~何だろう~」と悩みながらも「めったに連れて行ってもらってないけど、寿司屋行った時にはタコばっかり食べてたね。(親に)気遣って。タコが一番安い感じがしたから……」と、ちょっとズレた返しをした。

 そこから話は自然に松本の少年時代の貧乏エピソードにシフトする。友達が自転車に乗って遊んでいる時に、自転車を持っていない松本は“エア自転車”でハンドルを握るポーズをしながら、みんなについていったと話す。そして最後は、「鍵を閉め忘れて盗まれたんですよ」と、オチをつけて笑いをとった。

 この松本の貧乏話を聞いて、ある楽曲を思い浮かべた視聴者も多かったようだ。

「相方の浜田雅功と槇原敬之が歌った『チキンライス』ですね。松本が作詞をして04年に発売されています。詞は松本の実体験に基づいており、たまにレストランで外食した時にも親に気を遣ってチキンライスを頼んでいたというエピソードが出てきます。まさに今回のタコのエピソードにソックリ。1番と2番のサビは『チキンライスでいいや』とあるのがラストのサビでは『チキンライスがいいや』に変わる。つまり、子どもの頃に『タコでいい』だったのが、大人になって『タコがいい』に変わり大好物になったことを、松本は言いたかったのではないでしょうか」(エンタメ誌ライター)

 同曲には「あれだけ貧乏だったんだ。せめて自慢ぐらいされてくれ。最後は笑いに変えるから」という歌詞もあるが、見事に有言実行したところは、さすがと言うしかない。

(田村元希)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 80350

    見た目や年収など“条件”で選んだ結婚は破綻する!?本気で幸せな将来を望む女性に最適な婚活とは?

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増しているそうです。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約4倍強なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」こと … 続きを読む 見た目や年収など“条件”で選んだ結婚は破綻する!?本気で幸せな将来を望む女性に最適な婚活とは?

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング