上西小百合、ミタパン、鈴木奈穂子…増殖する「元アムラー」たち

 20日、歌手の安室奈美恵が来年9月16日での引退を発表後、芸能界では未だに“アムロス”現象が続いている。細眉・茶髪・厚底ブーツがトレードマークの“アムラー”だったことを告白する有名人も多く、なかには意外な人物もいた。

 タレントの木下優樹菜は、安室の曲を泣きながら聴く自分の動画をインスタグラムにアップ。しかし閲覧者からは「インスタ閲覧数を伸ばすために安室ちゃんを利用しないで」など批判が多く、大炎上。ネットニュースのなかには木下のことを“芸能界きってのアムラー”と紹介したものがあり、このフレーズが火に油を注いだ。

 炎上クイーンの上西小百合衆院議員も元アムラーを自称。21日のツイッターで「高校生の時、安室ちゃんのメイクとか色々真似した。ルーズソックスもはいた」と報告。コメント欄にはすぐさま「真似しても全然似ていないはず」などと書き込まれている。

 女優の吉田羊も21日、都内で開かれた新CM発表会で、かつてアムラーだったことを告白。肌を焼いたり茶髪にはしなかったが、「髪型を三つ編みにて、眉を細くして真似していた」というので“半アムラー”といったところか。カラオケは「CAN YOU CELEBRATE?」が得意曲だそうだ。

 アナウンサーの世界にもアムラーは多い。例えばフジテレビの三田友梨佳アナ。21日放送の「直撃LIVEグッディ!」で明かしている。

「三田アナは安室のファッション、ヘアスタイル、メークを完コピするほどのアムラーだったようです。明治座の社長令嬢なので、お金もかけられたようですしね。番組では安室の紅白待望論に対して『紅白をシンボルとした日本の音楽シーンというより、世界を舞台にしているディーバというイメージがある。歩くだけでかっこいい』という心酔ぶりでした」(エンタメ誌ライター)

 意外なところではNHKの鈴木奈穂子アナ。引退発表当日の20日、メインキャスターを務める「ニュース7」で、鈴木は「ちょっとした放心状態になりました」とキャスターらしからぬ感情的なコメント。さらに「私はまさにその世代で、高校生の頃からどの曲も聴いていましたし、メークやファッションを真似ていたのでショックですね」と続け、茶髪、細眉、厚底ブーツでキメたアムラーだったことを告白している。

 多くの女子が影響を受けたアムラー。いちばん似合っていたのは誰だろうか。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング