2017/11/08 18:15

芳根京子、月9「海月姫」主演に暗雲?“能年の後釜はコケる”ジンクス

「なにもその役を受けなくても?」とドラマファンが心配するのが、女優の芳根京子。難病のギランバレー症候群を克服した根性娘で、若手の中でも「演技派」と評判の癒し系美人女優でもある。

「NHK朝の連ドラ『花子とアン』で脇役を好演するなど、徐々に知名度を上げていった彼女は昨年、同じく朝の連ドラ『べっぴんさん』で主演に抜擢されました。社会現象となった『あまちゃん』(13年)の能年玲奈(当時)と雰囲気が似ていることから、芳根も国民的ヒロインになるのではと期待されたのです。ところが思ったほど視聴率が伸びず、近年の連ドラでも失敗作の箱に入れられてしまった。第二の能年を目論んだ関係者も失望したはずですが、彼女自身に『もってない』イメージがついてしまった。まさか、それ以来となる主演が月9の『海月姫』とは、なんという皮肉」(エンタメ誌編集者)

「海月姫」は漫画家・東村アキコの人気コミックで、14年に実写映画化。その主演が能年玲奈(当時)で、しかも彼女の最後の主演作といういわくつきの作品なのだ。

「それだけでも、なぜまた能年の後釜を?という疑問がまず湧きました。嫌でも再び彼女と比べられますし、それに能年主演の映画自体も大コケで、いろんな意味でイメージがよくない。クラゲ好きのオタク女子がエキセントリックな仲間と出会い、次第に恋を知っていくコメディは面白い。おそらく、芳根にもぴったりハマるでしょう。ですが、ジンクス的にも“食べてはいけないクラゲ”となる可能性が高いと思います」(前出・エンタメ誌編集者)

 今回のドラマ制作発表が報道されると、ネット上も即座に反応。とはいえ、「フジテレビもネタがなさすぎる」「また低視聴率だけが話題になりそう」「のんちゃんのサプライズ共演でもない限り厳しいと思う」「映画もコケたしな‥‥」と、ネガティブな意見が目立ってしまった。

 芳根本人は「やるとなったら、目一杯楽しんでこの冬はクラゲ色に染まりたいです」とコメント。心配を跳ね除け、月9に再び風を吹き込んで欲しいものだ。

(小机かをる)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング