肩こりの予防にも!?重いバッグを軽くする“なるほど!”なアイデア

 女性はとくにそうですが、バッグにあれこれ詰め込みがちで、かなりの重さになってしまうことがありますよね。そんなバッグを持ち歩くのは一苦労。そこで、バッグを軽くするためのポイントを、チェックしておきましょう!

●毎日バッグの中身を全部出す

 料理家・おもてなしプランナー高木ゑみさんの「ためない生活。」(主婦と生活社刊)によると、帰宅後、バッグの中身を全部出して空にするとよいのだそう。そして、ゴミは捨て、必需品ボックスなどを用意し、必要なものを入れておくのだそうです。翌日に出かけるときは、必要なものだけをピックアップし、そのアイテムの量に適したバッグに入れるのだとか。これなら、毎日同じバッグではなく、その日のファッションに合わせたコーデもできますね。また、必要なものとそうでないものを整理することで、バッグの中に何が入っているかもわかるので、「ハンカチが2枚も!?」「同じガムをまた買ってしまった!」なんて無駄もなくなり、効率的ですよね。

●「もしも」のときのためのアイテムは、保留期間を作る

 ミニマムリッチキャリアコンサルタントの横田真由子さんによる「本当に必要なものはすべて『小さなバッグ』が教えてくれる」(クロスメディアパブリッシング《インプレス》刊)によると、モノが増えるのは、傘、ソーイングセット、充電器など、もしものときのためのアイテムまでをもあれこれ入れてしまうからだといいます。かといって、すべて置いていくのは心配ですよね。そこで、一週間ほど保留期間を作って家に置いておき、その間、持って行かなくても困らなかったもの、困ったものをそれぞれ見極めるといいそうですよ。

 バッグを軽くするための工夫、いかがですか? バッグが重くて歩くのが嫌!なんて人は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング