グングンと学力を伸ばす子どもの特徴とは?

 教育現場で子どもたちをみていると、自分の力で実力を高めていく子には共通する特徴があります。言われたことをこなすだけではなく、自らレベルアップしていけるように、子どもたちには小学校時代までに、そんな資質を身につけて欲しいものです。

■自分のことを卑下しない

「ぼく、できないと思う!」「どうせ違うもん」と自分の力を否定する子は、「わたしはできる!」と思っている子と比べて、挑戦・経験の量がぐっと少ないです。経験をしないので、成功体験を積むことができず自信もつかないため、いつまでたってもやる気が芽生えません。

 実はこの感覚は、私たち大人が植え付けてしまっていることもあります。「調子に乗ってないでしっかり説明を聞きなさい!」「そんなんでできるようになるわけないでしょう!」など…、「信用されていない」「期待されていない」という感覚は、子どもの挑戦意欲を減退させてしまうのです。大人からみると子どもにできることは少ないですが、練習を重ねてできるようになるのが子どもです「こうしたらもっと上手になるよ」「きっとできるよ!」と、前向きな言葉で子どもたちの背中を押してあげたいものです。

■失敗しても自分を許せる

 失敗が怖い子も、経験総量を少なくしてしまいます。「失敗しても、またやり直せばいいや」と思える子は、少しくらい難しそうなことでも自分から経験しようと動きます。こういう子は、「何回もやれば絶対にできる」と思っているため、1度の失敗くらいで自分のことが嫌になったり、諦めたりしません。「じゃあ、次はどうしたらできるようになるかな?」と、新たに作戦を立て直す習慣がついている子は、自分で自分の力を高めていけるのです。

■自分のことを、信じられる

 目の前に、見たことのない(まだ習っていない気がする)問題がある。そんなときに「考えたらみつかるかも!」と思える子は、正解への一歩を踏み出しています。一方、「きっとわたしじゃ無理だ…」と思う子は、頭が、手が、止まってしまうのです。自分のことを信じることは、子どもたちの挑戦と成長に欠かせない要素だと思います。

 私たち大人は、経験してきた分「きっとうまくいかないだろう」などと、ちょっと先の未来をみてしまいます。しかし、子どもにとっては、やってみないとわからない未来なのです。ですから、私たちの役割は危険や失敗から子どもたちを守ることではなく、「どんどんチャレンジしてごらん!」「違う方法を考えてみようよ。きっとできるよ」と、前向きに背中を押してあげることなのかもしれませんね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  2. 100375

    30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

    昨今のリモートワーク急増により、多くの場面で“オンライン化”がニューノーマルとして定着しました。同時に、こうした変化の不安からか在宅中の余暇を“学び”に充てる人も多く、手軽に参加できるオンラインサロンやセミナーのニーズが … 続きを読む 30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング