2018/05/06 10:14

グングンと学力を伸ばす子どもの特徴とは?

 教育現場で子どもたちをみていると、自分の力で実力を高めていく子には共通する特徴があります。言われたことをこなすだけではなく、自らレベルアップしていけるように、子どもたちには小学校時代までに、そんな資質を身につけて欲しいものです。

■自分のことを卑下しない

「ぼく、できないと思う!」「どうせ違うもん」と自分の力を否定する子は、「わたしはできる!」と思っている子と比べて、挑戦・経験の量がぐっと少ないです。経験をしないので、成功体験を積むことができず自信もつかないため、いつまでたってもやる気が芽生えません。

 実はこの感覚は、私たち大人が植え付けてしまっていることもあります。「調子に乗ってないでしっかり説明を聞きなさい!」「そんなんでできるようになるわけないでしょう!」など…、「信用されていない」「期待されていない」という感覚は、子どもの挑戦意欲を減退させてしまうのです。大人からみると子どもにできることは少ないですが、練習を重ねてできるようになるのが子どもです「こうしたらもっと上手になるよ」「きっとできるよ!」と、前向きな言葉で子どもたちの背中を押してあげたいものです。

■失敗しても自分を許せる

 失敗が怖い子も、経験総量を少なくしてしまいます。「失敗しても、またやり直せばいいや」と思える子は、少しくらい難しそうなことでも自分から経験しようと動きます。こういう子は、「何回もやれば絶対にできる」と思っているため、1度の失敗くらいで自分のことが嫌になったり、諦めたりしません。「じゃあ、次はどうしたらできるようになるかな?」と、新たに作戦を立て直す習慣がついている子は、自分で自分の力を高めていけるのです。

■自分のことを、信じられる

 目の前に、見たことのない(まだ習っていない気がする)問題がある。そんなときに「考えたらみつかるかも!」と思える子は、正解への一歩を踏み出しています。一方、「きっとわたしじゃ無理だ…」と思う子は、頭が、手が、止まってしまうのです。自分のことを信じることは、子どもたちの挑戦と成長に欠かせない要素だと思います。

 私たち大人は、経験してきた分「きっとうまくいかないだろう」などと、ちょっと先の未来をみてしまいます。しかし、子どもにとっては、やってみないとわからない未来なのです。ですから、私たちの役割は危険や失敗から子どもたちを守ることではなく、「どんどんチャレンジしてごらん!」「違う方法を考えてみようよ。きっとできるよ」と、前向きに背中を押してあげることなのかもしれませんね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング