2018/11/02 10:15

「何なんだ、これは!」小西真奈美のラップ披露に視聴者が固まったワケ

 女優の小西真奈美が10月24日発売のアルバム「Here We Go」でメジャーデビューを果たし、同31日に「スッキリ」(日本テレビ系)にてテレビでは初となる生歌を披露した。その意外すぎる歌声に、世の女性たちがザワザワしているという。

 小西は2016年の音楽劇「最高はひとつじゃない2016 SAKURA」でアーティストのKREVAに出会ったことをきっかけに、音楽活動をスタート。多少ギターをかじったことがある程度の音楽経験ながら、鼻歌をベースに作った歌をKREVAがトラックに仕上げるという手法で作曲にも挑戦し、初アルバムでは全12曲を作詞・作曲している。メジャーデビューに際しては「音楽なんてやってたの?」との批判もあったが、今回の生歌披露でそれらの雑音を封じ込める形となった。音楽ライターが指摘する。

「実際に彼女の歌を聴けば分かりますが、彼女は声質が良く、ラップには不可欠なリズム感も備えており、女優の余技にはとどまらないレベルの完成度には驚くほかありません。番組で披露した楽曲の『Here We Go』はバックトラックがミニマムな構成で、これがカラオケ曲なら普通の人は小節の頭をつかめず歌いだしにも苦労するはず。そしてサビの部分は小節をまたいで3拍子+5拍子にも聞こえるような変則的な符割りながら、小西は完ぺきなリズム感でプロレベルの歌唱力を示しました。女優の歌手進出でこれほど高いレベルの歌が聞ける例は、めったにないことでしょう」

 このように聴く者を驚かせた小西の歌声だったが、その一方で女優・小西のファンはその上手すぎる歌に戸惑いを隠せないという。女性誌のライターが語る。

「小西の歌には、職場のみんなでカラオケに行ったとき、美人の先輩が突然ラップを歌い出したような唐突感がありました。それがまた上手すぎるのですから、感心するというより『何なんだ、これは』と胸がザワザワする気持ちです。彼女はとても40歳に見えない透明感が特長で、普通なら『痛い』と言われるポニーテールさえ、彼女の場合は誰もツッコめないほど自然で似合っています。そんな“規格外”の小西が誰も期待していなかった歌の面でもプロ同然の腕前を披露したのですから、そのスゴさが腑に落ちるまではちょっと時間が掛かりそうです」

 人はあまりにも素晴らしいものに接した時、喜びや嬉しさを感じる前に、思わず固まってしまうこともある。小西のラップはそれほどのインパクトを視聴者に与えていたようだ。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 101049

    衣類の入れ替え時の意外と知らないNGなこと

    本格的な冬支度は進んでいますか? 衣類の入れ替えのときって、害虫やカビ、シワになるなどの失敗も多々ありますよね。そんな“困った”を事前に防ぐために、衣替えのNG事項をみていきましょう。■1回でも着用したのに、洗濯やクリー … 続きを読む 衣類の入れ替え時の意外と知らないNGなこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング