災害時の備蓄はQOLの視点がポイントに!

 災害に備えた備蓄品を用意しているご家庭は多いと思います。でも、備蓄品といっても何を準備すればいいのか、分からないところがありますよね。実は、災害時の備蓄品は、これまでの多くの震災の経験から、“質”が変わってきているようなんです。

 農林水産省の「緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド」によると、まずは水、米、缶詰、カセットコンロから準備するのがいいのだとか。水は1人当たり3リットルほどあればいいそうで、米は2kgが1袋あると約27食分になり、9日分は賄える計算。また、備蓄品はただそろえるだけではなく、QOL(生活の質)も考えるのが今ドキの備蓄法なんだとか。宮城大学食産業学群食品分子栄養学研究室の石川伸一教授は、震災時の食であっても、QOLの視点は必要だと述べています。

 備蓄といっても、「美味しい」「温かい」などの基本的なことが意外にも重要で、いろんなストレスにさらされる震災などの災害時だからこそ、日常の食事と同等レベルでの「美味しさ」は大切なようですね。

 そして、普段から食べ慣れておくこともポイントのようです。日常的に食べて、食べたら買い足すといったようにすれば、いざ備蓄を食べる時がきてもストレスなくスムーズにいただけそうです。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング