男性の「育児休暇」、どのくらい取得している?

 女性の産休・育休は一般的になりましたが、男性はまだまだ…? 男性側の育休取得事情をみていきましょう。

 ゼネラルリサーチ社が2019年3月、全国の20~40代男女一般有職者1,057名を対象に行ったインターネット調査『男性の育児休暇に関する意識調査』によると、育児休暇を取得できる環境下において、実際に男性が育児休暇を取得したかどうかを尋ねた結果、男性の4人に1人、約25%が取得。「取得したかった」と回答した人を含めると、実に約50%の男性が育児休暇の取得に前向きであることが分かったそうです。

 また、育児休暇を取得した男性に「育児休暇を取得してよかったと思うこと」を尋ねた結果、「家庭の大変さが分かった」「パートナーの仕事が充実した」など、約70%がパートナーに対しての配慮が深まったと回答したそうです。一方、取得をしなかったと回答した男性からその理由を尋ねた結果、約30%を占めたのは「パートナーが取得するから」という回答で、「収入面の懸念」「仕事が手放せない」が続いたそうです。夫婦のどちらかはしっかり働いて家計を支えようという考えから、夫婦の片方のみが育休を取るようにしている、という家庭も一定数あるようです。

 育児休暇を取得する男性は増えているようですが、男性の育児休暇制度は、夫婦が家事や育児を分担し合うことでお互いを支え合うことができる反面、お互いの収入が安心できなくなる、という懸念要素もあるようです。とはいえ、夫婦同時にではなく、交代で取るようにするなど、調節して活用している家庭もあるようです。このように、各家庭にとってベストとなる方法を話し合い、納得して活用したいですね。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング