2019/08/12 18:14

我が子を“他の子を見下す”人間にしない育て方とは?

 計算や生活の仕方は教えられても、思いやりの心や相手を傷つけない話し方などは、親としてどう教えたらいいか迷ってしまう──子どもたちの教育現場にいると、保護者からこのような相談をいただくことがあります。

「あいつ、計算できないんだぜ。ばっかじゃねーの!」「○○ちゃん、夜のトイレが怖いんだって。うふふふ!」。これらのような子どもたちの悪気ない会話には、ドキッとさせられることがありますよね。うちの子、こんなことばかり言っているとみんなに嫌われるのでは……と思い、「そういうことは言っちゃダメ!」と禁止していませんか? 実は、このような伝え方には思わぬ“落とし穴”があるのです。

■親の前でだけ言わなくなる

「そういうことは、ダメ!」と頭ごなしに禁止すると、子どもは本音を聞いてくれないのかと諦め、安心して言える友だちにだけ言うようになります。その結果、親の前では言わないけれど、子どもたち同士では言い続けるケースが多いのです。

■言わない方がいい理由を伝える

 では、どうすればよいのでしょうか。まず最初に伝えたいことは、「1度の経験や失敗でその人のことを決めつけてはいけない」ということだと思います。「あなたも昔○○ができなかったけれど、たくさん練習してできるようになったよね」「△△は得意だけど、たまに失敗することもあるでしょう?」など、誰でも失敗することがあることや、その1回で人生は決まらないということを、自身の経験から納得させてあげることが大切です。

 そのうえで「今はできる○○について、できないなんてバカって言われたら、どんな気持ちになる?」と、子どもに考えさせてあげてください。1回の結果で自分を判断されては嫌だ、ということを感じ取れる子は、相手へも同じように接しようと思えるようになります。

■“本音と建て前”を教えるかどうか

 また、「『言われて嫌なことは思っている分にはいいけれど、相手には言ってはいけないよ』などと、本音と建て前の区別をつけさせることはよいのでしょうか」というご相談をいただくこともあります。これは、相手に嫌なことを言わないようにするという意味では、効果のあることだと思います。とはいえ、「思うことは自由」と伝え続けることは、相手を見下して生きることにも繋がりますので、まずは「人にはできないことや不得意なこと、怖いことがある」ということを伝えてあげたいですね。

 コミュニケーション力や思いやりの心は言葉で説明しにくいですが、親の前でだけ行動を変えるのではなく、自分で相手との関係性をよくしようと思えるよう、子どもには渡してあげたいですよね。正解があるわけではありません。子どもは大人の本音を聞きたいと思っている生き物です。「人として、お母さん(お父さん)はこう生きたいと思っている。それはね……」と、ぜひ本気で語ってあげてください。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング