スマホのカメラを本格的にする「装着レンズ」3選

 スマホのカメラの中には、今や一眼レフカメラに劣らないほど高性能なものがあります。そのため、工夫次第では写真をより本格的なものにすることが可能です。そこで、スマホのカメラに追加することで、撮影の幅を広げることができる「レンズ」を紹介しましょう。

■昆虫や植物、我が子のドアップ写真などの接写には「マクロレンズ」を

 スマホのカメラの場合、高倍率にし、かつピントを合わせることは難しいですよね。そんなときは、マクロレンズがオススメです。拡大しても、はっきりと小さな水滴や粉まで鮮明に写すことができますよ。

■自撮りや大人数での撮影なら「ワイドレンズ」を

 インカメラで自撮りや複数人での撮影をする場合、「全員が入りきらない」「自分だけ大きく写ってしまう」などの悩みが出やすいもの。そんなときにオススメなのが、ワイド(広角)レンズです。スマホと被写体との距離が近い場合でも、より広範囲の画角で撮影することができます。

■遠くのものをはっきり写すには「望遠レンズ」を

 大自然の中で風景を撮影したいときや、観光地やコンサートなどで遠くにいる目標物を撮影したいときには、望遠レンズが最適です。スマホではズームすればするほど画質が下がりますが、レンズを装着すればよりきれいに撮影することができますよ。

■ちょっと変わった写真を撮るなら「魚眼レンズ」を

 背の高い被写体や下から見上げるような構図での撮影にオススメなのが、魚眼レンズです。街並みなど、広範囲の風景を撮る際に大活躍します。写真の周囲が円形に歪むことで、雰囲気の異なる写真にすることができます。

 スマホに装着するレンズには、クリップ式、マグネット式、ケース一体型のものなど、さまざまな種類があります。スマホの種類や目的にあったレンズを装着して、いつもの写真をより美しく、楽しく撮影してくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング