「拾いました」と続々!?ヒカキンの財布紛失をネタにするユーチューバーたち

 動画クリエイターのHIKAKINが12月24日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、エルメスの高級財布を紛失したことを告白している。

 ヒカキンは同日にアップした「【事件】220万ガチで紛失しました。【財布落とした】【人生最悪のクリスマス】」と題した動画の中で、「終わった…財布落とした…財布無くした…」と切り出すと、今月中旬に立ち寄ったラーメン屋で最後に使って以降、200万円もするエルメスの高級財布を無くしてしまったと報告。すぐに警察に届け出たものの、紛失から10日が経過した24日時点になっても財布は戻ってきていないという。

 財布には現金およそ20万円やクレジットカード、キャッシュカード、さらには病院の診察券なども入っていたと説明し、「財布返せよー」「なんで帰ってこないの」とも嘆いている。

 最悪のクリスマスイブを過ごすヒカキンの悲報を受け、YouTube上では自ら“ヒカキンの財布を拾ったかもしれない”と名乗り出て、半ば炎上商法のような形で騒動に便乗する者まで現れる事態となった。

「『六本木で拾った財布はヒカキンのだった』と銘打ち、夜道でゴソゴソとリュックの中から20万円の札束を取り出しながら、エルメスの財布を拾ったと自白する者や、“おそらくその財布拾ったの僕です”などと切り出し、その証拠として“めちゃくちゃ入ってたんですよ”とお札を視聴者へ見せつける者もいます。いずれも、最も説得力のある証拠というべきエルメスの限定モデルの高級財布は見せておらず、そもそも複数人が名乗り出ていることから、売名を目的とした炎上商法の可能性が囁かれているが、コメント欄には『返せよ』『犯罪はやめろ』『これ犯罪の証拠動画だろ?』との怒りの声が集まり、『本当なら、返してあげるのは常識。嘘なら、こういう人が減るのを願ってます』というコメントも寄せられました」(テレビ誌ライター)

 ヒカキンの知名度や話題性を利用した悪質な動画といえるが、実際にこうした露骨な“再生数稼ぎ”のチャンネルがアクセスに見合った広告収入を得てしまっている現状も、YouTubeが背負う負の要素といえるかもしれない。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング