こういうのやめて!宮迫博之の「ペヤングひと口食い動画」に猛批判

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が2月14日、自身のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」を更新し、ペヤングの「ソースやきそば」をひと口で食べられるかを検証している。

 これまでに数々のユーチューバーも挑戦してきた“ひと口チャレンジ”の中でも最高難易度クラスとされるカップ焼きそばをチョイスした宮迫。「流行ったものには素人なんで全乗っかりしようかなと」「ひと口で入ると思います」と自信ありげな表情で臨むと、出来たてのやきそばの熱さに手こずりながら少しずつやきそばを口の中へ。

 しかし、お湯を吸って膨張した麺全てを口の中に含ませるのはやはり困難だったのか、最後には口の中へ押し込んだ麺を容器にオエエエと吐き出し、「死にます」「決して真似はしないでください」「ペヤングは美味しく食べる!みんなの宝物」と視聴者へ呼びかけている。

「投稿から数日で40万回を超える再生数を記録している辺りはさすがの人気ぶりで、動画コメント欄には『面白かった!』『めちゃおもろ。テレビでスマートに司会してるイメージだったから、YouTubeではリアクションとか芸人フル活用してる感じ』と好意的な声も並びましたが、YouTubeでは昨年4月、宮迫と同じように赤飯のおにぎりの一口食いにチャレンジした女性が、窒息して亡くなるという痛ましい事故がありました。以降は著名ユーチューバーもひと口企画から距離を置いていたのですが、その意味でもいずれコンプライアンスの厳しいテレビの世界に復帰したいという宮迫が選ぶべき企画ではなかったでしょう。ネットからも『食べ物もったいない』『この登録者数のユーチューバーがやったらあかんよ。命に関わる危険なチャレンジ。おにぎり事件もあったんだからさ』『こういうのやめて…』と批判的な反応が集まっています」(テレビ誌ライター)

 ユーチューバーらしく、オーバーリアクションを織り交ぜながら必死に口の中へやきそばを詰め込んだ宮迫だが、同商品を販売する「まるか食品株式会社」にとってもあまり歓迎すべき内容ではなかったと言えるだろう。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング