「テレビ局は危機感なさすぎ」Mattの苦言で表面化した杜撰なコロナ対策

 タレントのMattが3月31日、自身のインスタグラムアカウントを更新し、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中でのテレビ局のあり方や対策について「考え直した方が良いよ」と主張している。

 ストーリー機能にて、「自分たちは確かに表現者だけど、いまこの時にテレビでやることって本当に考え直した方が良いと思う」と書き出したMatt。続けて「世間で自粛してくださいって言われてるのに、テレビの中ではオッケーみたいな感じがよくわからないの」「こんな時に絶対にやらないでしょっていう企画のオファーとか普通にくるから本当に不安」などとテレビ局には一般社会とは異なる空気感があるとし、「あなた達、危機感なさすぎない?って思う。たしかに収録は無観客にはしてるけど、普通にスタッフとか共演者とかの距離が恐ろしいくらい近いの」と苦言を呈した。

さらに「芸能人はモノじゃない」とも訴え、「他にテレビで伝えることが沢山あるでしょ。その番組っていま本当にやらなきゃいけないものでしょうか?」とテレビ番組の存在が“不要不急”かどうかに疑問を投げかけた。

「ロケ番組や旅番組などの一部を除いて、スタジオで収録するバラエティ番組は幾つかの配慮こそあれど、ほとんどが変わらずに放送が継続されていることから、タレントの中にはMattのように『対策が甘い』と懸念を抱く人も少なくないでしょう。とはいえ、立場を考慮し、なかなかクレームを入れられる芸能人が居ない中、25歳の若手のタレントが声をあげたことには、『なんて真っ当な意見でしょう。テレビは危機感を持てと言ってる割に、自分たちは全然危機感がないように見える』『Matt、もっと言え。見てる側もそう思ってる』『この人の立場、若さでこれを発信できるのは素直に凄いと思う。俺だったら怖くて言えない』との称賛が集まりました。外出の自粛ムードが続く中、バラエティ番組が果たす癒しの役割もありますが、一方で、新たな感染者を生む場所にもなり得ますからね」(テレビ誌ライター)

 勇気ある告発を発信したMatt。果たしてテレビ局はこの25歳の青年からの忠告にどれだけ耳を傾けることができるだろうか?

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング