2020/04/02 07:15

「テレビ局は危機感なさすぎ」Mattの苦言で表面化した杜撰なコロナ対策

 タレントのMattが3月31日、自身のインスタグラムアカウントを更新し、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中でのテレビ局のあり方や対策について「考え直した方が良いよ」と主張している。

 ストーリー機能にて、「自分たちは確かに表現者だけど、いまこの時にテレビでやることって本当に考え直した方が良いと思う」と書き出したMatt。続けて「世間で自粛してくださいって言われてるのに、テレビの中ではオッケーみたいな感じがよくわからないの」「こんな時に絶対にやらないでしょっていう企画のオファーとか普通にくるから本当に不安」などとテレビ局には一般社会とは異なる空気感があるとし、「あなた達、危機感なさすぎない?って思う。たしかに収録は無観客にはしてるけど、普通にスタッフとか共演者とかの距離が恐ろしいくらい近いの」と苦言を呈した。

さらに「芸能人はモノじゃない」とも訴え、「他にテレビで伝えることが沢山あるでしょ。その番組っていま本当にやらなきゃいけないものでしょうか?」とテレビ番組の存在が“不要不急”かどうかに疑問を投げかけた。

「ロケ番組や旅番組などの一部を除いて、スタジオで収録するバラエティ番組は幾つかの配慮こそあれど、ほとんどが変わらずに放送が継続されていることから、タレントの中にはMattのように『対策が甘い』と懸念を抱く人も少なくないでしょう。とはいえ、立場を考慮し、なかなかクレームを入れられる芸能人が居ない中、25歳の若手のタレントが声をあげたことには、『なんて真っ当な意見でしょう。テレビは危機感を持てと言ってる割に、自分たちは全然危機感がないように見える』『Matt、もっと言え。見てる側もそう思ってる』『この人の立場、若さでこれを発信できるのは素直に凄いと思う。俺だったら怖くて言えない』との称賛が集まりました。外出の自粛ムードが続く中、バラエティ番組が果たす癒しの役割もありますが、一方で、新たな感染者を生む場所にもなり得ますからね」(テレビ誌ライター)

 勇気ある告発を発信したMatt。果たしてテレビ局はこの25歳の青年からの忠告にどれだけ耳を傾けることができるだろうか?

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング