「美食探偵」が淡々と放送される理由はソーシャル・ディスタンス!?

 中村倫也主演ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系)の第3話が4月26日放送され、平均視聴率は前回と同じ8.6%と発表された。

 新型コロナウイルス禍で、今春スタートのドラマが軒並み放送延期となっている中、予定通りに放送された数少ない作品の1つだ。なぜ、今作は予定通り撮影されているのだろうか。

「同ドラマは、老舗百貨店のボンボンで容姿端麗の美食家の主人公・明智五郎(中村)が、事務所があるビルの下でフードトラックで弁当を売る小林苺(小芝風花)を助手にして、事件を解明していくという物語。自身との出会いで殺人鬼と化したマグダラのマリアと名乗る女性(小池栄子)との知恵比べが見どころです。明智と小林の絡みはあるものの、路上もしくは、ムダに広い明智のオフィスというシーンが多い。オフィスでは、十分にソーシャルディスタンスが保たれていますが、2人の距離感からいえば離れたところで会話していても何の違和感もありません。また、犯人と対峙するシーンでもバイオレンス的要素はなく、静かに話し合うというスタンス。マリアはフランス在住ということで、直接の絡みはありません。だから、多少の場面変更はあったにしても、作品自体の世界観は変わらないので、撮影続行できているのだと思います」(別のドラマ製作スタッフ)

 撮影には、注意に注意を重ねているとのこと。そんな距離感にも注目して視聴してみるのも一興のようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング