さまぁ~ず三村、コロナ禍で「妻のイライラ」を鎮める円満テク公開

 お笑いコンビ・さまぁ~ずの三村マサカズがレギュラーを務めるラジオ番組「みむこじラジオ!」(ニッポン放送)の4月25日放送回で、コロナ禍で在宅時間が増えても夫婦の仲の良さを保つ秘訣を伝授した。

 番組では、新型コロナウイルスの影響で在宅での勤務が増えたことにより、妻からイライラをぶつけられる機会も増加してしまった、という男性リスナーの嘆きが紹介された。これについて、結婚24年目を迎える三村は「今ずっと家にいるから、本当にこういう事が起きやすいんですけど」と前置き、妻を刺激して怒らせないためのコツとして「家事をしてくれることに『ありがとう』と『美味しい』」という感謝の言葉を忘れないことが重要だと説いた。

 また、その“音量”にも加減が必要とのことで、「『美味しい』も聞こえるか聞こえないかぐらいで、『あ、うめぇ』とか『美味しいな』とか(の低いテンションで)…。作戦でやってるみたいで嫌になっちゃいますけど、別に(作戦とは)違うんですよ」と大袈裟ではなくリアルなトーンでポジティブな感想を述べることも重要だと主張。相手役の小島瑠璃子も一連の三村の気遣いに感動すると、三村は「そうすっと作った奥さんだって嬉しいよね。やっぱこういうことかもしんない。俺はそうやってやって逃げ切ってます」と語っていた。

「さまぁ~ずの2人で出演するトーク番組では、相方の大竹一樹は妻でフリーアナウンサーの中村仁美に対する不平不満をネタにしていますが、意外にも三村はテレビで妻へのガチな愚痴を披露することはあまりありません。それどころか、過去にはSNSやバラエティ番組で“自分は奥さんしか愛していない”と豪語したり、カメの水槽を率先して掃除することで褒めてもらいたかったと振り返るなど、愛妻家としての印象が強い。若き日にアルバイト先で出会い、まだお笑いコンビとして全く売れていなかった20代後半で結婚した三村ですから、下積み時代も支えてくれた妻には頭が上がらないのかもしれません。ネットでは、“家事をしてくれることを当たり前と思わない”という三村のスタンスについて、『思いやる気持ちが優しい』『いつも子供や奥さんの話を楽しそうにするし、好印象。妻としては幸せかも』『素敵です!』『気遣い方がなかなか的を射てます』といった称賛の声が出ています」(芸能ライター)

 あまり声を張ってワザとらしく褒めちぎるのではなく、出された料理に対して自然な音量で「あ、うめぇ」とつぶやくという手法は、長い結婚生活の中で培った三村なりの立派な秘伝のテクニックだといえそうだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング