“ニュー信長”が抜群!「麒麟がくる」染谷将太は“痴れ者”上手

 これまでは多くの俳優たちに“短気で激しい気性の男くさいキャラ”として演じられることが多かった織田信長。ところが放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK)で染谷将太が演じている信長は、ピュアで研究熱心なために周囲から“痴れ者”と見られがちな、これまでにはなかった新しい人物像となっている。奥菜恵の3度目の夫として知られる木村了演じる弟の信勝のほうが、自分より母親から愛されているとやきもちを焼き、帰蝶(川口春奈)との祝言をすっぽかしたかと思えば素直に謝るなど、時としてクスッと笑えるかわいらしささえも垣間見える信長は、染谷だからこそ演じられる“ニュー信長”だろう。

 そんな染谷は放送中のドラマ「浦安鉄筋家族」(テレビ東京系)では、歩いているうちにいつも着ているものが次々と脱げたり破けたりしてしまう、語尾に「らむ」を付けて話す高校生・花丸木、「きょうの猫村さん」(テレビ東京系)では長いリーゼントが特徴的な暴走族メンバー・強という、信長にも負けずとも劣らない“痴れ者キャラ”を好演しているのだ。

「今期の痴れ者キャラを染谷が一手に引き受けていると言っても過言ではないでしょう。とくに浜岡賢次氏による漫画を実写ドラマ化した『浦安鉄筋家族』は、ファンから『花丸木は誰が演じるのか』と注目されていました。それは花丸木が格段に痴れ者キャラだから。語尾に『らむ』を付けてしゃべり、クネクネ歩きながらすぐにマッパになってしまう特殊なキャラクターですが、染谷は違和感なくすんなりと演じているので、ネット上では『染谷すげぇ!』と称賛の声が噴出しています」(女性誌記者)

 痴れ者キャラは染谷に任せれば大丈夫という説が生まれたのではないだろうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング