顔のうぶ毛処理、みんなはどうしてる?

 女性の顔のうぶ毛は薄いと思われがちですが、ケアをせずに放っておくと目立ってくることも。皆さんは、どのように日常的なケアを行っているのでしょうか。

 医療脱毛専門院『リゼクリニック』が2020年8月、20~40代の女性450名を対象に実施した調査によると、全体の約6割(56.4%)が「他人(同性)の顔のうぶ毛が気になる」と回答し、うぶ毛が気になる部分として多く挙げられた箇所は「鼻下のヒゲ」(79.1%)、「眉まわり」(34.7%)、「アゴ周辺」(27.1%)だったそう。

 一方、日頃から顔の自己処理をしている女性は約6割(全体62.7%/20代51.3%、30代71.3%、40代65.3%)にのぼり、ケアする部位として多く挙げられたのは「鼻下のヒゲ」(83.3%)、「眉まわり」(72.0%)でした。ケアする理由として「自分自身が気になる」(79.8%)、「他人に見られたくない」(40.1%)、「毛が濃い」(22.0%)などの意見が挙がったようで、顔のうぶ毛処理を、身だしなみの一つとして重視している人は少なくないようです。

 また、同調査では3人に1人(32.3%)が「週1回」ケアするも、マスク着用が日常化した今、約4割が「顔のムダ毛処理頻度が減少した」(42.2%)ことも分かったとのこと。顔のうぶ毛は気になるけれど、お手入れの負担はできる限り減らしたいと考えている人もいるようです。

 具体的な処理方法としては、頻繁なうぶ毛処理が原因でカミソリ負けなどによる肌トラブルが起こることもあり、「顔脱毛」を選択する人もいるようです。うぶ毛処理は肌トラブルを起こすこともありますが、毛穴の目立ちにくさや化粧のりのよさなど、うれしい効果が期待できることもあるため、自分にあった方法でケアを行いたいですね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング